FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

さてさて、きょうのおはなしは・・・・

    六地蔵j
(承前)
 瀬田貞二生誕100年記念の一冊に「さてさて、きょうのおはなしは・・・」(福音館)が出版されました。

 「三びきのやぎのがらがらどん」(マーシャ・ブラウン絵 福音館)の翻訳だけでなく、再話や創作、瀬田貞二が生み出す言葉から、日本語の楽しさが伝わります。子どもたちにぜひ、読んでやって、あるいは語ってやってほしいものばかりです。

 そんな瀬田貞二の昔話集は、のら社「日本のむかしばなし」「世界のむかしばなし」があるものの、今回刊行された「さてさて、きょうのおはなしは・・・」は、その二冊と同じものを含め、福音館から月刊誌や単行本として刊行されたものや、ほか、非売品として刊行されたものや、小冊子として刊行されたもの、全部で28のお話が入っています。

 瀬田貞二の昔話でカ・リ・リ・ロとその子どもたちが好きだったのは、特にその文末です。
 かの 「三びきのやぎのがらがらどん」の最後は、≪やぎたちはとてもふとって、うちへあるいてかえるのもやっとのこと。もしもあぶらがぬけていなければ、まだふとっているはずですよ。そこでーーーチョキン、パチン、ストン。はなしは、おしまい。≫
「まのいいりょうし」(赤羽末吉絵 福音館) ≪むすこの七つのおいわいに、はらいっぱいのごちそうをたべたのは、いうまでもないこと。それで、どっぺん、わたしたちまで、いちごさかえた。≫
「かさじぞう」(赤羽末吉絵 福音館) ≪それからふたりは、しあわせになったとさ。どっとはらい。≫
「ねずみじょうど」(丸木位里絵 福音館) ≪これで、とっぴんぱらりのぴい。≫
「ふるやのもり」(田島征三絵 福音館) ≪さるのしっぽは、ぷつん。はなしはこれで、おしまい。≫

以上、うちでは、絵本で楽しんできたお話ですが、この「さてさて、きょうのおなはしは・・・」のなかにも入っています。(続く)
☆写真は、静岡の六地蔵さん(撮影:&Co.To)

PageTop