FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

わーい、ゆきだよ!

     ゆきj
 先日のセンター試験の2日間、大雪が心配されていました。
 この辺り(阪神臨海地域)は、ちらついた程度。
 例年、なぜ、この時期にセンター試験なんだろうと、ぶつぶつ言いながらも、各大学に分かれて受けるテストの時もまだ、冬空は続き、受験生とその家族は大変です。
 
 この辺りは、雪が積もることも滅多にないので、シュルヴィッツの絵本「ゆき」で最後「わーい、ゆきだよ!」と喜ぶシーンは、よくわかります。が、しかし、豪雪地帯の人たちなら、初雪に「わーい」なんて言うのかなぁ。

 また、都市部に住んでいると、同じシュルヴィッツの絵本「ゆうぐれ」の最後「わーい、よるもきらきらしているんだね!」と喜ぶシーンも、わかります。絵本では、特に、クリスマスとは一言も言っていませんが、絵は、クリスマスの飾りつけで溢れる雑多な街です。

 ただ、どんな地域に住もうとも、絵本の中で「わーい」と喜ぶ姿は伝わり、美しく描かれたその世界は、子どもたちの心に残っていくことだと思います。受験生たちの「わーい」と喜ぶ春が近いといいですね。

「ゆき」「ゆうぐれ」(ユリ・シュルヴィッツ さくまゆみこ訳 あすなろ書房) ➡➡

PageTop