FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

建仁寺久昌院

久昌院j
 京都冬の特別拝観で建仁寺塔頭の久昌院に行きました。
 お庭の拝観と、襖絵の拝観でした。
 先の大山崎山荘のときもそうでしたが、京都とその周辺の散歩は、四季折々に違った顔を見せるし、特別拝観や企画展が、順次あるので、際限なく、京都を楽しむことも可能なのです。
 住みやすそうな街だとは思わないものの、どこかのキャッチフレーズのように「京都があってよかった」と、思います。

 それで、公開されたのは方丈の大和絵「長篠の合戦」宇喜田一葸筆でした。確かに緻密で綺麗に描かれていましたが、大きな合戦の絵に、ダイナミックなものを期待していたら、ちょっと繊細でした。
 もう一枚、ここには長沢芦雪筆による「牧童笛吹図」というのがあるはずなのですが、丑年になったら披露されるのか、今や。張られたその絵のポスターの下には京都国立博物館の名が…今にも通じるモダーンな筆墨画で、ちょっとかわいいお顔の牛さんが描かれていて、実物を見てみたかったなぁ。

☆写真は久昌院のお庭、東山を借景にした東向きのお庭です。さぞや、満月、お月見はよかろうと思います。とはいえ、東山は、育ちすぎた松のおかげでちっとも見えません。写真には右三分の一のところ、木と木の間から、ほんの、ちょっと東山が写っています。この画面じゃ判別無理?

PageTop