FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

やわらかい しきもののうえに よりそって たちました。

クリスマスイブj
 数あるクリスマスの絵本の中で、「クリスマス・イブ」(ベニ・モントレソール絵 矢川澄子訳 ほるぷ)は、特に大好きです。
 作者マーガレット・ワイズ・ブラウンは、たくさんの画家と組み、数々の幼い子の絵本を残しました。
「おやすみなさいおつきさま」(クレメント・ハード絵 瀬田貞二訳 評論社)も「せんろはつづくよ」(J.シャロー絵 与田準一訳 岩波)も、「ワイズ・ブラウンの詩の絵本」(レナード・ワイズガード絵 木坂涼訳 フレーベル社)も。
 また、クリスマスの絵本は、「クリスマス・イブ」のほかにも「ちいさなもみのき」(バーバラ・クーニー絵 上條由美子訳 福音館)「うまやのクリスマス」(バーバラ・クーニー絵 まついるりこ訳 童話館)「こねこのみつけたクリスマス」(アン・モーティマー絵 中川千尋訳 ほるぷ)が邦訳されています。

 さて、「クリスマス・イブ」は、古本海ねこさんのHPのクリスマスの文 12月24日分にも書いていますが、あれからも、毎年のように、こんなん書かれていたんや・・・・という発見があって、今更ながら奥の深い絵本だなぁと思います。

≪ 寝たふりをしたまま さっきから みみをすませていたのです。≫
聞こえてきたのは、
しんしんと雪の降る音?いえいえ、消えかけの火が暖炉でぱちぱちとはぜる音?それとも、窓の外で歌う誰かの歌声?
 見えたのは、
階段の ひいらぎの赤い実や緑の大きな葉?
暖炉の残り火に 赤 青 緑 色とりどりにきらめくクリスマスツリー?
金銀の星やモールや くす玉でおおわれている クリスマスツリー?
匂ってきたのは、
 モミの木の香り?
 クリスマスプレゼントのつつみの 素晴らしい匂い?
 触れたのは 
手を伸ばせば届くところにあった プレゼントの詰まった靴下?
 いえいえ、暖炉の前の柔らかい敷物?
そうなのです。今年、読んでみて、改めて味わった言葉、それは、「寄り添う]という言葉でした。

≪ 4人は へやにはいると だんろのまえの やわらかい しきもののうえに よりそって たちました。はなすことも うごくこともできません。まるで まほうが ほんとうになったみたいでした。   おおツリーです。・・・・・≫

PageTop