FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ヴェヴェイの小さな家

         ル18j
(承前)
 レマン湖畔、ヴェヴェイの街はずれにあるル・コルビジェの「小さな家」の中には、何枚かの絵が飾られています。上の写真に写る絵の額には、窓の向こうのレマン湖が写っているのがおわかりいただけるでしょう。
 つまり、右を見れば湖、左を見れば絵画。(反対でも同じ)
ル16j
         ル17j
 この三枚目の左の絵は、どうもル・コルビジェの考えだした、人間が立って片手を挙げた寸法と建物の寸法の黄金比とやらに関係ある絵のようです。(モデュロールというらしい)その点について、カ・リ・リ・ロには難しくて、よくわからないのですが、この横長の「小さい家」の比と同じように思える建築物が、レマン湖畔のいろんな場所で見かけたのは事実です。どれも景観を邪魔せず、すっきりとレマン湖を望んで立っているのが共通していました。かつて、村長さんに敬遠された「小さな家」が、ヴェヴェイ以外でも、増えていたのでした。(続く)ル14j 

PageTop