FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

あれからどれくらい経ったのだろう。

ライj
 まだもう少しスイス2016報告は続くのですが、続きにつなげるために、ちょっと、イギリス話。
 大学生の甥がイギリスに夏休み1ヶ月行っていました。
 お気に入りの紅茶をたくさん頼んでいたので、それを持って来てくれました。
 
「で、どこがよかった?」
「ライ」
「ええっー!!!! どこに泊まったん?」
「マーメイド・イン」
「きゃーあ。うっそー!」

 20歳の甥の趣味は、オールドファッションとアンティーク。彼の年配の知り合いから、教えてもらったのが、骨董や陶器の街のライで、階段の歪んだ屋根裏部屋に泊まれるマーメイド・イン(1420年~)だったようです。
ライ廊下j

「ヒナギク野のマーティン・ピピン」
(ファージョン文 イズベル&ジョン・モートン=セイル挿絵 石井桃子・訳 岩波書店)
  
 
 もはや25年ほど前、初めて英国に行ったときに、ライに行きました。ファージョンの「ヒナギク野のマーティン・ピピン」の中にある話「ライの町の人魚」にひかれてです。
 このことは海ねこさんに書きましたが、当時は写真がデータでないため、今改めて、ここにライの街の写真を掲載できて嬉しい。( →→8月18日の項
 ただ、甥の写真には、あの海賊の巣窟のようにも思えるパブの写真がなく、こじゃれたサロンみたいな部屋が写っていました。甥もそんなところ、あったかなぁ、ということで、改装したんだろうかと、少々心配。(未確認) あの大きな暖炉の前で骨董品の椅子に座り、甲冑や槍を見ながら、海賊のざわめきを聞いたような気がしたのが懐かしい・・・
まさに「宝島」のこの表現がぴったりの場所でした。
≪・・・・船長は・・・・(中略)・・・・夜はずっと、客のたむろする談話室の暖炉のそばに陣どり、少しだけ水で割った、強いラム酒を飲んでいた。・・・・≫(「宝島」スティーブンソン作 金原瑞人訳 偕成社文庫)

 さて、甥は、イギリス探訪に出かけただけでなく、(本当は短期語学研修)パリやパリ郊外にも足を延ばしたようで、これが、カ・リ・リ・ロのスイス2016報告と、ちょっとつながる予定。(撮影:&Co.S)
ライ看板j

PageTop