FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

登山鉄道 その1

にーだー1j
(承前)
 ここで登山鉄道をまとめる必要などないのですが、興味のある人も一人くらいはいるかも・・・
リギjフィッツナウ電車j

♪・・・登山電車が出来たので 誰でも登れる・・・・・行こう 行こう 火の山へ   行こう 行こう 山の上   フニクリ フニクラ フニクリ フニクラ♪
と、今や「鬼のパンツ」の替え歌の方が知名度が高いかもしれない、「フニクリ フニクラ」の歌ですが、元はイタリアのベスビオ火山に登山電車ができたときのCMソングとか・・・

                 ピラテゥス4j
 スイスの歌ではなくとも、「登山電車ができたので誰でも登れる」というのは、実際大事なことで、我々でもアルプスを楽しめたのですから有難いことなのです。

 登山の乗り物には、電車も蒸気機関車もケーブルも、ロープウェイもゴンドラも、スキーの時はリフトもあろうかと思いますが、ここに載せるのは、鉄道とケーブルです。(続く)
ユングフラウへj
クライネシャイデックへ
 一番上から、二―ダーホルンにあがるケーブルの軌道(眼下はトゥーン湖)
 二番目は、1873年に特命全権大使もリギ山に行くときにあったケーブルカーのターンテーブル
 三番目は、リギ山へ
 四番目は、ピラテゥス山へ(世界一の急勾配)
 五番目は、ユングフラウヨッホへ(ヨーロッパで一番標高が高い駅 3454メートル)
 六番目は、クライネシャイデックへ
 七番目は、グリュッチアルプからミューレンへ(2013年の写真:向うにうっすら三山が)) 
 八番目(一番下)は、ミューレンからアルメントフーベルへ(2013年の写真)
ミューレンj
ミューレン2j

PageTop