FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ウィツナウ

フィッツナウ波止場j
(承前)
 特命全権大使たちがルチェルン観光で行ったのはリギ山でした。ルチェルンから船に乗り、フィッツナウという港に向かいます。そこから登山電車が通じています。

 「特命全権大使 米欧回覧実記」  (久米邦武編 田中彰校注 岩波文庫)には、こんなことも書いてあります。
ウィツナウ
≪船ハ湖面ヲ輾リサル、水濶ニ山崚ナリ、時ニ一陣ノ細雨スキルニ逢フ、後湖ハ猶晴レ、迷霧飛雲アリテ峰峰ニカヽレリ、遠眺ノ晴朗ヲ欠ケトモ、雲陰ノ変幻ニテ、湖上ノ奇景ヲ得タリ≫
フィッツナウ断層j
       フッツナウ船j
  1873年大使たちがスイスでもさらに船に乗ってわざわざ行ったのには、理由がありました。1871年に開通した登山電車に乗車するためです。ここは、ヨーロッパ最古の登山鉄道なのです。

≪「ウィツナウ」ノ埠頭ニハ、人家数十戸アリ、寺塔尖ヲ抽ンテ、頗ル美観ナリ、此ニ「エルイッキ」ノ蒸気車駅アリ、此処ノ鉄道、幷ニ滊車ハ、今度当国ニテ新ニ発明セル建築ニテ、山嶺ヲ上下スルモノナリ、本日ハ其落城ニカゝル、抑鉄道ノ開ケシヨリ、已ニ五十年ニ及フ、其利ハ米英諸国ニ徧シ、只其往来ハ、平路ニ限リ、俯仰僅ニ七葉度ノ斜メヲ走ル二スキス、岡稜山谷ニアヘハ、洞道ヲ穿チ、橋柱ヲ架シ、費ヲ糜スルコト巨大ニテ、竟ニ山嶺ヲ上下シ去ルコトヲ得サルヲ以テ、往往之ニ妨ケラレ、便利ヲ失フコト多シ、米利堅人、曾テ山ヲ登ルヘキ蒸気車ヲ通セント、一種ノ鉄路ヲ架シタレトモ、其功ヲミス、瑞士人更ニ其工ヲ踵テ、多方ニ思慮ヲコラシ、竟ニ此鉄道ヲ架シタリ・・・≫(続く)
 

PageTop