FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

4月の燕子花

根津j
 燕子花にはまだ少し早いのはわかっていましたが、近いうちに、産休に入り、バァバになって、娘が実家に居る間は、遊び歩けないだろうと、駆け込み弾丸東京美術館行きを決行しました。

 まず、根津美術館「歌をまとう 絵の系譜」(~2016年5月15日)

 確かに、根津美術館のお庭の燕子花には早いものの、展示されている「燕子花図屏風」は、変わらず、麗しい。
 「燕子花図屏風」は、毎年、この時期に展示され、2012年には、メトロポリタン美術館蔵の「八橋図屏風」と並んでありましたが、大混雑。
 また、昨年は、尾形光琳300年忌で、「紅白梅図屏風」(MOA美術館)と共に展示ということで、これも混雑していたと聞きました。

 多分、今回も燕子花満開の時期には、訪れる人も増えるでしょうけれど、テーマは「歌をまとう絵の系譜」で、先の展示に比べて少々地味。ということで、屏風の前にゆっくり立ち、丁寧に見ることができました。しかも、「歌をまとう」というテーマなので、絵と共に書かれた書の鑑賞もゆっくりできました。
 しかも、多くの絵画展では、絵と共に書かれている歌の読みには触れず、絵の解説に終始していることが多い中、この展示ではちっとも読めない書(歌)を活字にして案内してくれたので,助かりました。(続く)

PageTop