FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

いい表具

梅j
(承前)
 出光美術館で見た美人画の表具が印象的だったものの、今まで観た肉筆画の表具は一体どんなだったか?・・・ちっとも思い出せません。
 そうしたら、こんなことが書いてありました。
≪本紙の色とバランスも含めて、全体で引きつける力がなくてはなりません。ですから、鑑賞する人を引き寄せるくらいの存在感がある表具でありながら、間近で見ると、本紙を邪魔することなく際立たせる。本紙の魅力を味わったあとには、どんな表具だったのかな・・・・・と忘れてしまうほど、さりげない。そんな表具が‟いい表具”といえるのではないでしょうか。≫(「表具」NHK美の壺)

 そうかぁ。だから、全然覚えてないということは「いい表具」だったんだね。
 
 この「表具」という本の中では表具を「目立ってはいけない、地味でもいけない」と表しています。日本美術もやっぱり奥が深い・・・

*「表具」(NHK美の壺制作班編)
☆写真上は、一文字がありません。(中国の梅の画を現代表具)写真下は、どちらも秋の床の間。(どちらも、軸先は象牙。一文字も象牙色)
                         
とこのまj
                         紅葉としかj

PageTop