FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

京都ぎらい

                    八坂の塔秋j
「京都ぎらい」(井上章一 朝日新書)
 著者がどうしても書きたかったと思われるのは第一章「洛外を生きる」です。
 しかしながら、京都に観光で来ただけの人あるいは来る予定だけの人は、読んでも、よくわからない部分が多いと思います。
次に、京都方言になれない人は、読んでもニュアンスが伝わらないと思います。少なくとも京阪神のイントネーションでない人は難しいかと。
 次に、何らかの形で京都に縁のある人は、電車で読んではいけません。ニヤニヤしてしまいます。
 次に、京都府民、あるいは洛外の人は、読むと面白いと思います。大きく、うなずくことが多々あるはず。
 最後に、我こそが京都の者、いえ、洛中だと思っている人は、この章を読まないのではないでしょうか。
 
  「君、どこの子や」「嵯峨から来ました」「昔あのあたりにいるお百姓さんがうちへよう肥をくみにきてくれたんや」 
 今や京都市である嵯峨は、洛中の民にとっては、田舎であり、いけずの対象らしい。
 また、「(嵯峨)あのへんは言葉づかいがおかしかった。僕らが中学生ぐらいの時には、まねをしてようわらいおうたもんや。じかにからこうたりもしたな。」というのは、当時国立民族学博物館の顧問梅棹忠夫。

 また、京都市に入っている伏見、山科なぞ、もってのほか。
「とうとう、山科の男から話(縁談)があったんや。もうかんにんしてほしいわ」「山科の何があかんのですか」「そやかて、山科なんか行ったら、東山が西のほうに見えてしまうやないの」

 ましてや宇治や亀岡なども、隣接しているだけで京都と言ってはいけない。とはいえ、西陣でさえも、真ん中の中の中の人にとっては、そこは洛中か?となる。
 国立民族学博物館にある全国のお国言葉で「桃太郎」を聞ける装置の京都府京都市の語り手は、初代館長で西陣出身の梅棹忠夫ですが、「京都を西陣のやつが代表しとるんか。西陣のふぜいのくせに、えらい生意気なんやな」というのは、中京、新町御池で育った男。

 うーん、毒がきつい。華々しい京都のイメージを支える、この「沼気(しょうき)*」。*新書紹介のキャプションにこの言葉。

 確かに、「洛外で生きる」に書かれているような会話は、京都の人と話していると交わされる一つのトピックでもあります。どこまでを洛中とするのか、かの応仁の乱云々と同じレベルで、登場するのです。

 ま、この毒素こそが、京都の歴史の芯になっている・・・という流れでこの新書全体は成り立っていますが、後半になるほど、第一章ほど笑えない一冊でした。
☆写真は、東山を背景に、八坂の塔。

PageTop