FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

天使らは羊毛の衣をひるがえす。

ニーセン晴れj
ランボオ「神秘」
≪斜面の勾配、鋼と碧玉(エメラルド)との草叢に、天使らは羊毛の衣をひるがえす。≫(小林秀雄訳 岩波文庫)


(承前)
 これまで、二度、スイスアルプスに行ったものの、どちらもお天気に恵まれ、スイスの夏は、いいお天気なのだと勝手に思い込んでいました。ところが、今回の霧のかかった山道や、雲の垂れこめた日の多い山岳地方(ベルナーオーバーラント)滞在は、うーん、今までと違うなぁ。もし、初めて来て、こんなだったら、リピートしないかも等と、フラストレーションを抱えたまま、後半、レマン湖に移動しました。

 が、しかし、天気予報によると、最後の日の午前中はベルナーオーバーラント地方も快晴ということで・・・・
 そーれっと!レマン湖からわざわざもう一度、ベルナーオーバーラント地方に戻りました。もちろん、次の日は帰国ですので、日帰りです。こんなとき、日本で買っていったスイスパスという切符は、とても有効。

 お天気が崩れかけの初日に上がったニーダーホルンは、大パノラマ風景でしたから、快晴の日に全貌を見たいという欲が勝ちました。(続く)

☆写真上は、ニーダーホルンから撮ったトゥーン湖とニーセン山。写真下は、我々のベンチ前のご夫婦。眼下にトゥーン湖、左手奥に、アイガー・メンヒ・ユングフラウなどが、時折雲間から姿を見せてくれました。

         ニーダーホルン夫婦j

PageTop