FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

夢のなかの夢

ケルムスコットj
(夢の続き)
 電車用にぴったりな薄い岩波文庫「夢のなかの夢」 (タブッキ作 和田忠彦訳)を読みました。
 
 以下の人たちが見た夢の短編集です。いうまでもなく、フィクションです。
ダイダロス、オウィディウス、アプレイウス、アンジョリエーリ、ヴィヨン、ラブレー、カラヴァッジョ、ゴヤ、コウルリッジ、レオパルディ、コッローディ、スティーヴンソン、ランボー、チェーホフ、ドビュッシー、ロートレック、ペソア、マヤコフスキー、ロルカ、フロイト。

 有名な人あり、知らない人あり、一人の架空の人あり、詩人あり、画家あり、小説家あり・・・夢の話だけに最後がフロイトというのが可笑しい。

 話は、毒あり、皮肉あり、そうだったかもしれないと思ったり、きっとそうにちがいないと思ったり、古代ローマ時代あり、イタリアあり、イギリスあり、パリあり、サモアあり、緻密に計算された日程だったり場所だったり・・・

 取り上げられた人やその作品を知っていると、この本の楽しみは倍増します。(夢は続く)
☆写真は、英国 ケルムスコットマナー

PageTop