FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

雛まつり

日向夏j
 京都国立博物館平成知新館では特別陳列として「雛まつりと人形」展(~2015年4月7日)もやっていました。
 鑑賞ガイドには、≪雛祭りの起源は上巳の節供という三月のはじめに行われる禊(みそぎ)の行事で、紙等で作った人形(ひとがた)は、人間の穢れを引き受けて水に流されていたのが、公家の女子たちの行っていた雛遊び(ひいなあそび)と結びつき、江戸時代には飾るために豪華に変化していった≫とあり、意外とその歴史は江戸時代の初めからとありました。
 と、毎年のように お雛さまの展示を見に行っているのですが、今回も、素朴なものあり、豪奢なものありと、やっぱり楽しい。

 それらのお道具を見るのも好きなのですが、雛人形用に小さく贅沢に作られたお道具の数々を見るのは飽きません。
以前、ロンドンのビクトリア&アルバートミュージアム分館のMuseum of Childhood(ベスナル・グリーン子ども博物館)に飾られていた、贅を尽くした人形の家やその調度を思い出します。ちょっと小さいだけで、本当に使えると思われる手書きのカップやお皿などは、お雛様の漆器のお椀やお重箱と同じです。
 写真上に写る、お雛様邸を見ていると、遊ぶイメージがわいてきます。人形遊びなど、遠い昔に、し忘れたとはいえ、こんなので遊んだら、あの官女を動かして、あの大臣を動かして等、想像は尽きません。(続く)

PageTop