FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

くぎ煮

      めじろとぶj
 例年通り、3月前半は、いかなごのくぎ煮作りで、忙しかった。
 当初、売り場で「高いなぁ」と思案していると、そばに居たおばあちゃんたちのこんな会話が、背中を押してくれました。
 「毎年、送っていた人も亡くなったしねぇ。送るところがだんだん少なくなる・・」

 そうだ! もらってくれる人が居るのは、有難いこと!
 今年は、クルミ入りのいかなごもつくりました。ふふふ、ご想像通り、やめられないとまらない。
 従来のいかなごは白いご飯のお供に。クルミ入りは、お酒のあてに。

 嫁いだ娘が、来年は作るからデータを欲しいというので、データは簡単だけど、新鮮な稚魚をお昼前に手に入れ、その後、すぐ作るという時間を見つけるのが大変。と答えました。雨の日や日曜は、漁がないし・・・

 東京の娘には、お米と一緒に送ったら、イギリスで生活していた時に届いたいかなごは、有難く、少しずつ食したと話してくれました。加えて、彼女が幼い頃、「お母さんがいかなごを作っていたら、何か近づきがたい空気があって、声をかけられなかった」と言いました。
 そうよ、新鮮なうちにさっさと炊いて、できたら、ささっと風に当て、急速冷却しなくちゃ、「いかなごのくぎ煮」はできへんのよ。

 そうこう言ううちに春の陽射しが増し、稚魚も大きくなってきました。個人的に、魚が小さいうちに炊くのが好きなので、もう平鍋をしまうことにします。味見も存分にしましたしね。まだ、まだ、近くの家々からはお醤油の匂いがしてきますけれど…

PageTop