FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

咲くやこの花

めじろj
散歩の楽しみが日増しに増えます。
春だよ!

梅が、溢れんばかりに咲いています。
こんな風景を見ると、かつて「花」といえば、桜ではなく「梅」をさしたというのが、わかる気がします。
王仁(わに)の作った「難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花」
一方の咲くやこの花は、「木(こ)の花」で、もう一方の咲くやこの花は、「此の花」とも取れるし、まったく同じとも取れる。こんな短い中に同じ言葉(音)を、繰り返す勇気が好きです。春になった嬉しさ、あるいは春に象徴される喜びが、単純な中に繰り返され、強調されていると思います。
まんかいのうめj
足元には、ほら!すみれ。
               
                     すみれj

PageTop