FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

映画「おみおくりの作法」

マーロー古い教会j
 英国映画ということで見に行きました。イギリスの風景が写るから。
 ロンドン市のテムズの南、ちょっとごちゃごちゃした感じの地区を中心に、時として大ロンドン、時として田舎。ああ、この古くてさびれた感じが好きななんだ・・・
 ストーリーは身寄りのない人の最期を扱う仕事に従事する生真面目な市の職員と、関わった人との物語。
 映画は、地味だし、暗いし、台詞は少ないし、淡々と、人が生きるってことはどういうことだったのかを映し出していきます。主人公の男優さんの眉毛ひとつの動きで、悲しいも、はてな?も、嬉しいも表現するような映画です。大きなドラマも大笑いも大泣きもないけれど、時々、くすっと笑えるユーモアが、そこかしこに。

 どんな人でも、この世に生まれて、この世に関わり、生きてきた証しが残る。映画が静かに進行する分、こちらも落ち着いて、いろいろな思いで見ていました。
 実際、映画の原題はStill Life・・・・平穏な人生。静かな生き方などと訳せますが、Still Lifeって、静物画(や、静物)という意味があるのを知っていたので、一人の人生は、後世の人が見たら、大きな大きなキャンバスに描かれた静物画なのかなぁ、などとエンディングロールで、もう一度、タイトルが出た時、思いました。

 勝手に想定していた結末ではなかったのが、唯一、不満が残るかな・・・あれで、いいという人が多いのはわかっていますけれど。
☆写真は、英国マーロー テムズ沿いの古い教会。

PageTop