FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

& Co.

タワーバンクアームズj
(承前)  
 瀬田貞二の「絵本論」のアーディゾーニの章でこんな文を見つけてしまいました。
 「・・・・・アーディゾーニの好きなのは、クルークシャンクとコールデコットのほかは、ドーミエとポターとウィリアム・ニコルソンたちなのである。」
おお!おお!おこがましくも同じ!

 クルークシャンク(クルックシャンク)は、ディケンズの挿絵で好きだし、コールデコット(コルデコット)は、もちろん大好きで、センダックにもつながるので、絵本のこと考えるなら、忘れてはいけない人だし・・・ちなみに、拙ブログの写真は、カ・リ・リ・ロだけの撮影ではなく、≪&Co.~≫としてありますが、これは、「センダックの絵本論」(岩波)の原題が、【Caldecott& Co. 】(コルデコットと仲間たち)というのを真似たのです。

閑話休題。
かつて、初めての英国探訪旅行に湖水地方を選んだのは、ポター描く、ピーター・ラビットの世界だし、何度読んだかわからないウィリアム・ニコルソンの「かしこいビル」を忘れるわけにはいかないし・・・もちろん、ドーミエのことは、ここでも何回か書いた画家だし・・・ (続く)

*「絵本論」(瀬田貞二 福音館)
*「センダックの絵本論」(脇明子・島多代訳 岩波)
*「ピーター・ラビットのおはなし」(ベアトリクス・ポター作 石井桃子訳 福音館)
*「かしこいビル」(ウィリアム・ニコルソン松岡享子・吉田新一訳 ペンギン社) 
☆写真は、初めての英国湖水地方巡りで泊まった、タワーバンクアームズ。ポターの「あひるのジマイマのおはなし」(石井桃子訳 福音館)に出てきます。(撮影:&Co.I)

PageTop