FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ディアナの怒り

ディアナとカリストj
(承前)
 ナショナル・ギャラリーのティツィアーノの3枚の絵画は、古代ローマの詩人オウィディウス「変身物語」からインスパイアされた絵画です。写真は、処女神ディアナの侍女のカリストが、ユピテルの子を妊娠したのを指摘し怒る「ディアナとカリスト」の図。
 
残り二枚の絵は、「ディアナとアクタイオン」「アクタイオンの死」です。
 それぞれ、ディアナが水浴しているのをうっかり見てしまったアクタイオンの図。
 怒ったディアナがアクタイオンに犬たちをけしかけている図。
 まずは、ディアナの怒りに触れ、彼女はアクタイオンの顔に水を浴びせかけます。すると、アクタイオンの濡れた頭には、角がはえ、顎が長くなり、耳の先が尖り…雄鹿に。≪・・・・それに、この動物につきものの、臆病心も与えられた。英雄アクタイオンが、いっさんに逃げ出したのだ。走りながら、自分がこうも速いのに驚いている。・・・・≫

 この「変身物語」は、いつ読んでもどこから読んでも面白いものの、なかなかその相関関係がつかみ切れず、また、ギリシャ神話の名前とローマ神話の名前がごちゃごちゃになって、結局、また関係個所を繰り返し読むという次第。付箋も書き込みもしているというのに、です。・・・もっと、若い頃に読んでいたら、こんなことなかっただろうに・・・・(続く)

*「変身物語」(オウィディウス 中村善也訳 岩波文庫)
☆写真は、「西洋絵画の流れ」(ジャン=クリストフ・バイイ 小勝禮子・高野禎子訳 岩波)の「ディアナとカリスト」≪侍女カリストの妊娠を知るディアナ≫

PageTop