FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

チューリッヒ美術館展

レマン湖ヨットj
 (承前)
 「ホドラー展」も、東京 国立新美術館の「チューリッヒ美術館展」(~2014年12月15日:神戸市立博物館2015年1月31日~5月10日)も、スイス国交樹立150周年に関係しているようです。
 「チューリッヒ美術館展」には、ホドラーも何点かあるものの、モネ、ゴッホ、ムンク、シャガール、ピカソ、クレー、ジャコメッティなどなど、有名どころの作品が来ていて、各々の作品を少しずつ見ることができるお楽しみがあります。それに、ヴァロットンやココシュカまでも!

 個人的には、混雑している「チューリッヒ美術館展」より、すいていた「ホドラー展」、浅く広く展示している「チューリッヒ美術館展」より深く掘り下げた感のある「ホドラー展」がよかった。

 とはいえ、先に「チューリッヒ展」に行ってきた友人が、いろんな画家たちの展示の中からホドラーに着目し、絵葉書を送ってくれたのは、ホドラーに行こうと思っていた私には嬉しいもので、しかも、どちらの会場にも、角度を変えて見ているレマン湖の絵、絵にも描けないレマン湖の絵があったのも、楽しいことでした。

 そして、「チューリッヒ美術館展」でのヴラマンク!の船遊びの絵には心惹かれ、絵にも描けないはずのレマン湖を思い出しました。それに、数ある展示絵画の中からヴラマンクを見つけ出せるようになったのも、ちょっと嬉しい。(続く)
☆写真はヴラマンクの絵葉書「シャトゥーの船遊び」、画面には、レマン湖。

PageTop