FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

White Horse Country

 白馬j
(承前) 
  ローズマリ・サトクリフの「ケルトの白馬」の始まりはこうです。
≪このあたりの丘は、高く低くゆるやかにうねって、どこまでも続いている。その丘のうねりのいちばん高いところに…≫

 ああ、 ずいぶん離れたところから、「白馬」を見たものです。
 歩いて丘に登りもっと近くに寄るという方法もあったのですが、カ・リ・リ・ロほど熱く「ケルトの白馬」が見たいわけではない連れと一緒ですから、これでも十分です。

 しかも、ファリンドンのインフォメーションの女性に、「白馬を全部みたいならヘリコプターね。歩くのに自信があるなら、この道伝いに西に行けば、ずっと白馬が見られる」と教えてもらった道を、歩きました。途中で写真を撮り、お屋敷の門のところで、一体お屋敷はどこ?と、キョロキョロしたり、熟したアプリコットを拾ったりしながら、2時間以上かけて歩きました。白馬の村アフィントン村(Uffington)まで、まだ2マイル以上はありましたが、歩いたのもすでに5マイルはあったでしょう。
 実は、先日UPしたファリンドンのフォリータワーのある丘から見た風景に白馬が写っています。つまり、この辺りは、牧草地であり、畑であるので、尾根に描かれた白馬は、遠くからでも、人々に見えるというわけなのです。そして、この地域は、「White Horse Country」と呼ばれています。

 初めは、小さくしか見えない白馬に、「ちいさっ!」とか「ああ、もっと近づきたい」などと思っていましたが、インフォメーションで紹介してもらった道は、いつもいつも白馬が見え、いつもいつも白馬が見てくれていました。というわけで、結果的には、「白馬」の白い線だけを見るより、「ケルトの白馬」の舞台の広がりと雰囲気を体感できたような気がしています。

 さて、帰りも同じだけ歩くのかと、少々げんなりしていたら、本数の少ないファリンドン行きのバスに偶然乗り合わすことができました。
 バスに乗って、白馬が見えない角度になると、少々気になり、ましてや、オックスフォードに向かう帰りのバスで、どんどん「White Horse Country」から離れて行くときは、センチメンタルな気分に。

≪険しい谷や突きでた丘のあいだで、道がみえかくれしている。谷を越えると、古の馬追い道に出る。それを北に向かってたどっていく。どこかで、彼らは振り返るだろう。ルブリンにはよくわかっていた。そして山肌のあの偉大な白馬を見るだろう。一度でいい。あとは振り返ることなく、北を指して進むがいい。山と海と湖に囲まれた遠くの輝く土地をめざして。≫(続く)
*「ケルトの白馬」(ローズマリ・サトクリフ作 灰島かり訳 ほるぷ出版)
*「ケルトの白馬/ケルトのローマの息子」(ローズマリ・サトクリフ作 灰島かり訳 ちくま文庫)
☆写真は、Fernham村 からLongcot村に続く道で撮りました。 

アフィントンまで遠いj

PageTop