FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

どちらも棘があります

ロンドンチューブj
 8月の訪英報告は、まだまだ!?しつこく続くのですが、スコットランド独立投票は、他人事とは思えないなどと、勝手に注目していました。
 とりあえず、独立しなかったものの、今後、過激な遺恨を残しませんように。
 
 英国の歴史――民族問題・宗教問題と国家建設を同位置においては、なかなかうまくいかなかった歴史、そんな問題を抱えたまま豊かになってきた歴史、を振り返れば、ナショナリズムとは難しい・・・
 時を経ると、綯い交ぜになることもあるし、そうやって、人類は進んできたし。かつてのアイルランドの独立や、北アイルランド問題のように、あるいは、古くは、ケルトやピクトやローマやデーンやノルマンや・・・・征服され、征服し・・・うーん。

 ローズマリー・サトクリフの歴史小説のおかげで、大学受験の時には間に合わなかった英国の歴史が、少しは身近に感じられているぞ。そういえば、以前、エジンバラ近郊に行ったのも、ローズマリー・サトクリフの「辺境のオオカミ」 (猪熊葉子訳 岩波)探訪でした。さすがのローマもあそこまで行くのがやっとのこと。あれより北は無理だったのですからね。なかなかしぶとい。誇り高き北の人々。

☆写真上は、ロンドン地下鉄パディントン駅構内広告。サッカー イングランド1部~4部リーグ92のユニフォームらしい。下はイングランド テムズ河畔に咲くスコットランドの国花アザミ。イングランドの国花はバラ。どちらも棘があります。

        アザミj

PageTop