FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

フットパスウォーキング(その2)

テムズはあっちj
(承前)
 運河のロックを楽しみながら、かもさんをいたるところで見ながら、歩いていくと、再びテムズとつながるロックがあります。DUKES CUT LOCKです。が、どう見ても、すぐ隣にある運河のロックDUKES LOCK と、整備具合が違うなぁと思いつつも、次々、ロック通行作業の進む明るい日差しの運河ロックDUKES LOCKを眺め、休憩しました。
DUKES LOCK 
                       通れるか
リンゴをかじり、チョコも食べ、お水を飲んで、さて、いよいよテムズ本流のフットパスを歩いてオックスフォードに戻ろう!と、DUKES CUT LOCKに行きました。
DUKES CUT LOCK j
 が、今まで歩いたどのフットパスより、草ぼうぼうの小道(パス)やなぁ・・・茨類(主にブラックベリー)が、太もも辺りに当たり刺さり、ズボンの上からでもちくちくするわぁ。川沿いを歩くも、全然、案内もないし、確かに人の歩いた道ではあるものの、久しく歩いた様子がない…する内、川沿いながら、広―い草地に入りました。ほんまにここなん?と、不振顔の妻を横目に夫は、地図を(簡単なフットパス地図です)広げ、この方向にテムズ本流があるはずや。IPhoneの方位アプリも完璧。
草地j
 さて、行くが行くと、停留しているナローボート。運航しているボートも居て、ああ、もうすぐ本流やね。あれ?ここより向うにいかれへんよ。すると、「ワンワン」と吠える犬の声。髪の毛の長いサラリーマンではない風情の若者が、のそっと出てきました。
 「どうした?」「テムズに行きたいんやけど」「うーん、ここからなら4マイル歩いたら行ける。それとも、ここを泳いだら、渡れる。それか、あの島に行ってトリッキーな方法で行くって手もあるけど。」
「・・・・・」
 で、我々は、来た藪道を戻り、さらに、運河沿いを戻り、小さい集落を横切り、遅まきながらInnで昼食をとって、ついに、アリスたちの行ったテムズ本流のGODSTOWにたどりついたのでした。(続く)
☆一番下の写真のようなフットパス表示が、テムズフットパスには必ずあります。GODSTOWの尼僧院跡が少し写っています。
         尼僧院見えますj

PageTop