FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

かもさんふうふ

まらーどさんj
 なかなかいい写真が撮れた・・・などと思っているものの、実は、このかもさん、ご夫婦の片方なのです。(たぶん オス)
4月のかもさんj 
4月くらいから、この池周辺で、いつも二羽で行動していました。(後ろに写る黄色い葉は昨日の黄菖蒲)

 が、5月半ばくらいから、いなくなり、最近は一羽で、この睡蓮の池で見かけます。メスは、この睡蓮の池のすぐそばに、葦などの茂る川があるので、そこで産卵、子育てをしているのだと思われます。そこで、かもさんのこどもたちを見かけることがありましたから。ということは、上記写真は、独り者を決め込んでいる「夫」でしょうか?
 
 絵本「かもさんおとおり」は、この写真に写るカルガモではなくマガモかと思います。
 ≪マラードおくさんが、すからはなれるのは、みずをのむときと、ごはんをたべるときと、それから、たまごが ぜんぶそろっているかどうか たしかめるときだけでした。あるひ、たまごがわれて、こがもたちが うまれました。はじめにでてきたのが ジャックです。それから、カック、それから ラック、つづいて、マックに ナックに ウァックに パックに クァックです。マラードさんと マラードおくさんは、むねもはちきれそうになるほど よろこびました。こんなにたくさんの こがもたちを そだてるのは、たいへんな しごとです。 さあ、いそがしくなりました。≫

 さて、そんな大変な時期に「こどものことは しっかり たのんだよ。」と言い残し、マラードさんは川の様子を調べに出掛けていくのです。で、孤軍奮闘、マラードおくさんは、子育てに頑張っているわけですが、さっさと川の調べが済んだマラードさんが何をしていたかというと、一番上の写真のように、迫りくる家族一緒のどたばた前のひとときを、ゆったり過ごしていた・・・かも。

*「かもさんおとおり」(マックロスキー 渡辺茂男訳 福音館)
 連休のかもさんj
 

PageTop