FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

子どもの本でちょっとお散歩(川 その19)

           平底船j
 (承前)
「緑の精にまた会う日」 (リンダ・ニューベリー作 野の水生訳 平澤朋子絵 徳間書房)
さて、見える人にしか見えない「炉端のロブ」ですが、ルーシーとおじいちゃんには見えました。そのおじいちゃんが亡くなって、ロブと暮らした畑もなくなって、ロンドン暮らしのルーシーは、ロブに会えることを切望します。で、長い道のり、ロブはロンドンに・・・

 この本の最初に「道を歩む者にささぐ」とあって、この本の骨格を一言で表現しています。ロブは、いろんな人、ことに出会いながら、徒歩で進んでいくのですが、一度、平底船に乗りこんで進むところがあります。
≪幅二メートルほどの平底船が、ポンポンと音を立て、つぎつぎ通りすぎてゆく。運河の途中に木の水門があり、船人はそこで行ったん船を降り、水位の異なる上流と下流の水門を、手順どおりにあけたり閉めたりすることになる。勢いよく水が移動し、水位が変わる。そうしてようやく水門をぬけ、平底船はふたたび運河の旅に出る。・・・・中くらいの大きさで、ペンキがきれいで新しく、屋根には少しの緑があって、そして人が多すぎない・・・それだけでいい。そんな船がこないだろうか。≫
 そう、ロックです。

 イギリスの道には、いわゆる道路だけでなく、川の流れも道に含むのだと思います。日本のように、急流でなく、ゆったりと流れていることが、道の一部と捉えられているのかもしれません。(続く)

☆写真は、英国 テムズ川を進む平底船(撮影:&Co.I)

PageTop