FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

お歳は50

ぐりとぐらよこj
 銀座で「ぐりとぐら展」をやっていて(~2014年3月10日)、「見て来たよ、楽しかった!」と、お友達から絵葉書をいただきました。この後、「ぐりとぐら」生誕50歳記念で、全国を巡回するらしいので、楽しみにしておきます。(といっても、伊丹に来るのは2015年だわ・・・)
 
 確か、遙かはるか昔、大学の卒論に絵本を選んだ時、「さんびきのやぎのがらがらどん」と「ぐりとぐら」のアンケートを取ったような気がしますが、何のアンケートだったけ?5つくらいの幼稚園にアンケート持って行ったような・・・ほんと、忘却の彼方・・・
 同じく大学のときの幼稚園実習で、「ぐりとぐら」の人形劇をやったことは、昨日のことのように覚えているのに・・・

 とまあ、自分の大学の時、新米教師の時、子育ての時、そして今、講師として学生たちに読んでやっている時・・・と、40年来のお付き合いです。

  私の一番好きなのは、やっぱり、「かすてらを つくっているんでしょう!とっても いい においがするもの」のところ。
 控えめに喜びを爆発させ、でも、この匂い!くんくんくんくん、うーん、たまらん! 
 小さい子どもが、初めて会った子どもたちとお友達になろうとする様子とよく似ています。ちょっと、恥ずかしいけど嬉しくて、やっぱり、楽しそう!
 「ぐりとぐら」は、保育士さんだった中川李枝子さんの作品ですものね。

「ぐりとぐら」 (中川李枝子文 大村百合子絵 福音館)
☆写真は、「いっしょにつくろう―絵本の世界をひろげる手づくりおもちゃ」(福音館)のぐりとぐらを作るページを広げた上に我が家の年代物の「ぐりとぐら」

PageTop