FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

おもち

             おもちj
穏やかなお正月でした。
いつもより長いお正月休みでした。

 食べ盛りの子もいないのに、用意したおせち料理(我が家流)が、さっさと片付くのは、作った人間にとっては、嬉しいことです。
 ということは、今より昔、母の時代の三が日は、人の出入りもあり、お店も開いていなかったのに、一体、どれくらい用意していたんだろうと思います。お餅で、満腹になっていた?
 それに、家じゅう、ぴかぴかに磨き上げていたし・・・今や、こんな小さなマンションでも、まあ、いいやの場所を残したお正月だったのに・・・今更ながら、母が頑張っていたことを再確認。

 お正月で、覚えているのは、いつもより上等のお菓子が用意されていたこと。
 かまぼこだけを食べ過ぎ、新年早々、お腹が痛くなって、お医者さんに行ったこと。
 大人の男の人が、昼間っから、赤い顔で大きな声になって、嫌だったこと。
 日頃は、ほとんど見かけなかった 母の着物姿と父の着物姿、といっても普段の着物。それが、二人が仲良しの証しのような気がして、ちょっと嬉しかったこと。

 いつもより、おいしいものの食べ過ぎというのは、今も昔も変わらぬことのようで、今朝は、七草粥

☆写真の海老餅は、香ばしく、焼いただけで、お海苔を巻いて食べました。もちろん、丸餅もヨモギもおいしい。

PageTop