FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

クリスマスの12日

なしの木j
 (承前)
 日本でクリスマスと言えば、多くの人が12月24日25日と捉えています。じゃあ、「クリスマスの12日」というのは、いつ?
 これは、12月26日~1月6日までの期間、25日に生まれた幼子を三人の博士たちが探し、見つけた出した期間を指しているようです。
 つまり、日本では25日の夜には、街のウィンドーがお正月飾りになってしまうのですが、イギリスなどでは、1月6日まではクリスマスツリーを飾っているわけです。もちろん新年を祝うという意味も大きいはずです。
 で、「クリスマスの12日」という歌を絵本にしたものがあって、ベン・シャーンも、娘のために作ったのが、写真に写るそれ。
 題名が「A Partridge in a Tree なしの木のヤマウズラ」となっているのは、なしの木の一羽のヤマウズラから、数が、毎日どんどん増えて行く、数遊び歌だからです。
 ♪さあ、クリスマスはじめの日のおくりものは~♪一羽のヤマウズラ~♪ さあ、クリスマスふつかめのおくりものは~♪二羽のキジバト それに一羽のヤマウズラ~♪・・・『クリスマスの12日』(エミリー・ボーラム絵 わしずなつえ訳 詩 CD付き 福音館)
(続く)

☆写真は、右『芸術新潮』2012年1月号「ベン・シャーン特集号の」沼辺信一さん執筆による「ベン・シャーンの歌が聴こえる」のページの「クリスマスの12日」の絵のところ。左、伊丹美術館図録。左下、1949年版〝A Partridge in a Tree”。

PageTop