FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

知恩院さん

京都市美術館平安神宮j
 秋というより冬のように時折、時雨る日に、平安神宮前の京都市美術館から神宮道を進み、粟田焼を買って、青蓮門院跡前を通って、知恩院さんの境内に登って、南禅寺・円山公園を通って、祇園 花見小路に入って行きました。
大きな楠j
  一緒に歩いたのは、静岡出身の友人。彼女は、「知恩院さん」等と言いません。
三門j
 そうなのです。お寺や神社に「・・さん」とつけるのは、関西の人間だけらしいのです。
お寺全体を「お寺さん」。ご住職のことを「お住さん(おじゅっさん)」。神社は、「天神さん」「住吉さん(すみよっさん)」「恵比寿さん(えべっさん)」・・・・
 食べ物も、「おいもさん」「お豆さん」「おあげさん」。そして、おばちゃんのバッグに常備されているのは、「飴ちゃん」。(お飴さんなどとは言いません。)
 挨拶にも、「おはようさん」「お疲れさん」「ご苦労さん」。
 太陽は「お日さん(おひさん、おひぃさん)」星は「お星さん(おほしさん、おほっさん)」月は「お月さん」
 ん?これって、全国、誰でも、言うんじゃないの?

☆写真は上から、京都市美術館前の平安神宮鳥居。青蓮門院跡の前に親鸞聖人お手植えという樹齢800年以上のくすのき。知恩院三門。

PageTop