FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

竹内栖鳳展

    栖鳳j
 竹内栖鳳は、近代日本画家に位置する人です。その若い頃から晩年にいたる作品と、スケッチ、絵のために撮ったと思われる写真などが京都市美術館で展示されています。(~2013年12月1日)

  この画家の一生の作品の変遷を見ていると、幕末に生まれ(1864年)、1942年に亡くなった時代も重なります。伝統的な日本画から始め、ヨーロッパの影響を受け、枯れたような晩年の作品。
また、旅に携行していたスケッチ帳は、それだけで、立派な作品集となるようで、もっと、ページを繰って見せてほしかった。ポール・クレーセンターのように、データ化したら、見れたのに・・・

  展示されていたものの多くは、人物画より動物・鳥などでした。生き生きと生きているかのような迫力の大きな動物(獅子・虎・象・熊)から、今にも動き、飛び立とうとするような鳥(鴉・雀・家鴨・闘鶏・鷹)、知恵を蓄えているかのような小動物(狐・鼠・猿・犬・猫・兎)など、さながら大小動物たちの競演と言う感じです。

  もちろん、青い目の猫(写真上方、チケットに印刷された猫)も魅力的な絵でしたし、枯れたカラスの絵も惹かれるものがありましたが、気に入ったのは、屏風に描かれたアヒルたちの大騒ぎの絵(写真下方)です。絵本「あひるのピンのぼうけん」*や「かもさんおとおり」*を思い出します。

 また、屏風に描かれた獅子の絵も(写真左右)、迫力満点。獅子は他にもあり、そのどれもが、獅子の毛並みの様子まで伝わって来る渾身の作で、近代日本画家として革新的なエネルギーを、ここぞと発揮しているかのようです。

 それから、展示には、先日、見た刺繍絵画の掛軸と竹内栖鳳の原画が並べられていました。(雪中蒼鷹図)これは、下絵となった竹内栖鳳の原画の方が、やっぱりいいなと思ったものの、もし、清水三年坂美術館のあの作品たちが、この場に並んでいたら、獅子も鷹も、決して、栖鳳のそれに見劣りしないと思った次第です。

 絵画と工芸品を同じ土俵に乗せるのは違うという向きもあるでしょう。が、しかし、栖鳳と同じ時期の明治の職人さんたちの超絶技巧が、もっと大きく回顧されても、いいのじゃないかと思い、平日でも混雑している京都市美術館を後にしました。

*「あひるのピンのぼうけん」(マージョリ・フラック文 クルト・ヴィーゼ絵 まさきるりこ訳 瑞雲舎)
*「かもさんおとおり」(ロバート・マックロスキー作 渡辺茂男訳 福音館)

☆写真上は、竹内栖鳳展チケットと絵ハガキ3枚。写真下は、京都市美術館の敷地から東山の方を向いて。

                   美術館から東山j

PageTop