FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

正倉院展 1

正倉院展j
 奈良、正倉院展。毎年秋に公開されるものの、出品のお品が毎年違い、会期も2週間と短い。もちろん、全国巡回もない・・・となれば、混雑承知で行くしかないと思いつつも、やっぱり混んでるのはいや・・・と、行ってませんでした。
 が、今年は、チケットももらったし、駅でよく見かける美しいポスターにも魅了されたし、ええぃとばかりに、夕方遅くに入館しました。入場待ち時間は短かったものの、会場内は、やはり混雑。

 お目当ての美しい漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)に至っては、間近で見ることが出来る人の列と遠巻きに見る人の列が違い、間近で見られる列は、30分待ち。ともかくも私は、これを近くで見たい。背も低いので遠巻きは見えない。ということで、延々と並び、やっとガラス越し間近に。
 そりゃあ、並んだ甲斐あって、その細かく描かれた美しいものを堪能しました。
 蓮のイメージから出来ている「お香」の台座ですが、思いのほか大きく堂々としています。仏具とはいえ、豪華絢爛。隣には、その台座と対だったという香をたく黒漆塗平盆(ひらぼん)もあるのですが、香の世界をよく知らないものですから、説明を読んでも、なかなか、その使われ方がよくわかりません。とはいえ、その漆黒の盆や台座が1200年以上も、美しくあることに感動してしまいます。
 もちろん、他にも美しい天平文化がありました。(続く)

☆写真のポスターに写るのが漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)

PageTop