みんなみすべくきたすべく

紅葉に日が当たる

イチョウj
釣鐘j
                       ケーブル下j
 毎年、この時期は、クリスマスの絵本を車に積み、山越えをします。どこもここも錦織りなし、京に上らずとも、ずいぶん紅葉を堪能できるので、嬉しいです。特に、午前も早い時間に山に向って運転するので、東から日が当たり、それはそれは美しい。

 とはいえ、昨日書いた、石清水八幡宮の一の鳥居を右手に入り、急な階段を上ったところにある、神應寺(じんのうじ)が、これまた、見事な紅葉。来週は、さらに美しくなるだろうと想像しながら、石清水八幡宮本殿につながる男山ケーブル下を抜け、谷あいを下りて行くと、エナガや他、名前のわからない小鳥たち。

 紅葉(こうよう)は、赤・黄・橙・茶・・・。桜、蔦、銀杏、ケヤキ・・・。それに最近は街にハナミズキも増え、多種多様ですが、やっぱり、やっぱり、一番綺麗なのは、紅葉(もみじ・カエデ)。葉の切れ込みに光が入り、葉に光が当たり、キラキラ輝く赤。
もみじj
 それに、もうひとつ。先達とはいえないながらも、先に見た者の情報。
 京都 山崎にある大山崎山荘美術館の紅葉が素晴らしい。今年は、そばを走る阪急電車やJRではなく、川向うの京阪電車から見ました。・・・おお!錦織なす山一帯に飾られた宝石のような一画となし、それはそれは、見事でした。が、遠くに見える車窓風景なので、写真に撮れず、心の中の中。
☆写真は、上3枚とも京都 八幡 神應寺。一番下のみ撮影&Co.A

PageTop

ケーブルで上った

もみじj
  この時期、京都はどこもここも人が溢れています。確かに、どこで、紅葉を見ても一緒とはいえ、京都は、紅葉のそばに、歴史ある建造物があり、紅葉と歴史を一時に味わえるので、人気があるのでしょう。それでも、多い・・・

  昔から京都に住む人は(かつての碁盤の目の中に住む人)、宇治や山科、ましてや石清水八幡を、京都とみなしませんが、その京都とみなされないところは、今や紅葉の穴場となっていると思います。今年の紅葉狩りは、石清水八幡宮周辺でした。(今も、充分、綺麗でしたが、来週あたり、最高かと思います。)

  仁和寺の法師が、水路で行けばいいものを、思い立って歩いて行ったら、ずいぶん遠い、石清水八幡宮。山頂の本殿まで上がらずに帰った話は、古文で習ったとおり。≪徒然草 第五十二段「仁和寺にある法師」≫

 今でも、「石清水八幡に行く」、あるいは「行った」、と言ったら、口々に「上まで上がってきた?」と言われました。こんなちょっとした会話ができるのも京都およびその周辺の歴史に裏付けられたお楽しみで、いとをかし。            
☆写真は、石清水八幡宮                    
                  石清水八幡宮j

PageTop

安寿と厨子王

男山j
 (承前)
森鷗外研究本は読んだのに、読み返したのは、「山椒大夫」など短編。

「山椒大夫」は、昔、昔、講談社絵本で読んでもらった「安寿と厨子王」の元の話。
絵はおぼろげながらなんとなく覚えているだけですが、はっきり覚えている文章が・・・

ほら、そのままあった!このフレーズ。
目が見えなくなった母親が、歌のような調子でつぶやく「安寿恋しや ほうやれほ。 厨子王恋しや ほうやれほ。」
 
ま、講談社絵本で覚えているのは、この「安寿と厨子王」と「鉢かつぎ姫」。
「浦島太郎」「牛若丸」「花咲か爺さん」もあったかなぁ・・・

そして、一番記憶の奥に残るのは、「安寿 こいしや ほうやれほ」と読んでくれた今は亡き母の声。

*検索すると、講談社の絵本は「新 講談社の絵本」として再版され、「安寿と厨子王」は「安寿姫と厨子王丸」「花咲か爺さん」は「花咲か爺」でした。表紙絵を画像で見ましたが、こんなにけばけばしい色だったの???

**「山椒大夫・高瀬舟 他四篇」(森鷗外作 岩波文庫)
☆写真は、京都府 石清水八幡 男山 

 

PageTop

それからのエリーゼ

日比谷公園j
(承前)
「それからのエリス――いま明らかになる鷗外「舞姫」の面影」 (六草いちか 講談社)
 二冊の著書で、鷗外研究に転機をもたらしたと言われる六草いちか氏ですが、
≪この作品に秘められた真実を知らなかったあのころは、『舞姫』は女性である私にとってたんなる「むかつく小説」であり・・・≫としています。(ほんと、そう思います。)
 それが、「舞姫」のモデルを特定し、舞姫のその後を追跡し、その晩年を知ることにより、あるいは、また、「舞姫」がドイツ語で連載された貿易・産業月刊誌に出会うことにより、「舞姫」に秘められた森鷗外、否、森林太郎のエリーゼ・ヴィーゲルトへの想い、そして二人の純愛を確かめています。
 
 新聞にも出た写真のエリーゼは、「舞姫」という美しい日本語のイメージとはちょっと異なる、立派な体型の中年女性です。が、しかし、写真の裏を利用して書かれたメッセージの明るい口調に比べ、なんと、寂しげな表情でしょう。「それからのエリス」には、その表情のアップ写真も掲載されていますが、その瞳の、なんと暗いこと。

 忍びよる第一次世界大戦のせいだけではないでしょう。(写真撮影推定1908~1918)彼女の命がけの恋(なにせ、そんな時代に、一人で日本に来たんですから!)の末路を見るようで哀しい。間違いなく、彼女は気丈で理知的な女性だったに違いないのですから。
 そして、六草氏がいうように、鷗外はベルリン地元新聞「ベルリナー・ターゲブラット」を定期購読し続け、その新聞にのみエリーゼが「書状にかえて」と夫の死亡広告を掲載していた事実に、時代に阻まれた遠距離純愛を見ました。

☆写真は、東京日比谷公園 

PageTop

それからのエリス

トリニティレーンj
(承前)
「それからのエリス――いま明らかになる鷗外「舞姫」の面影」
(六草いちか 講談社)
 さて、「鷗外の恋――舞姫の真実」の後も、舞姫エリスのモデルのエリーゼが、どう生きたのかを検証していった著者の第二弾。
 前作同様、またもや、著者は、綿密な調査を続けます。教会、墓地、当時の新聞など。そこには、結婚出産、葬儀、宗教の背景、繋がりを見るだけでなく、ドイツという国の犯した大きな波も含みます。古地図だけでなく、実際に住んでいた建物の設計図の復元など、専門の学者ではない著者だからこそできた広い視野。
 特に、第二次世界大戦前後の、ベルリンの様子など、一本の論文が書けそうな勢いです。
 ただ、論文と違うのは、著者が、いつもエリーゼに寄り添っていることです。
 そして、話題になったエリーゼの写真と遭遇。
 地道で丁寧な研究についたご褒美ともいえます。
 
 また、論証の厚みを加えるように、ドイツ語訳された「舞姫」(当時、日本人がドイツ語に訳した)からも迫っているところなどは、執念みたいなものを感じます。多分、学会や本来の研究者からの風当たりや反論を避ける手立て、実証は、いくらでも必要でしょうから。・・・・奥が深い。
 
 それにしても、まだ、100%謎が解明されたわけではなく、六草氏は「終章」としているけれど、この著者、この研究から足を洗えるのかなぁ・・・(続く)

☆写真は、英国 ケンブリッジ トリニティレーン

 

PageTop

林太郎とエリーゼの恋

イニシャルj
(承前) 
 「鷗外の恋 舞姫エリスの真実」
(六草いちか 講談社)で、女性の視点を感じるのは、エリスの名誉を守ろうとしているだけでなく、「恋」というデータや文献で計り知れないものに迫っていく点でした。

 鷗外は、別の名前をつけようとした妻の反対を押し切って、二女の名前「杏奴」を勝手に役所に届け出ます。それは、鷗外の恋心の延長だと著者はみなします。長女は作家の森茉莉(まり)二女は小堀杏奴(あんぬ)です。そして、著者が苦労の末、特定したエリーゼは、エリーゼ・マリー・カロリーネ・ヴィートゲルトといい、母親も、マリー。妹は、アンナ、祖母は、アンネなのです。(ただし、後著「それからのエリス」では、少し違う見解も披露しています。)
 そして、鷗外は本名森林太郎といいますが、鷗外の「鷗」は、空を飛び交う「かもめ」です。ドイツでも日本でも見かける「かもめ」です。カモメに託す鷗外の深い部分。
  
 また、鷗外の遺品にモノグラム(イニシャル二文字を絡めたデザイン)型金(RとM 鷗外の本名:森林太郎)があって、これはかつてのドイツの婚礼の際、花嫁が新郎の身の回りや家庭の布製品にイニシャルを施すときに使う伝統があったと言い、後著でも、さらに論証を続けています。

 そして、著者は、鷗外の妹 喜美子の回想にこんな記述を見つけます。
≪(エリスは、)大変手芸が上手で、洋行帰りの手荷物の中に空色の繻子とリボンを巧みにつかって、金糸でエムとアアルのモノグラムを刺繍した半ケチ入れがありました。≫(1936年『文学』)

 鷗外の想いと、エリスの想い。
「恋」という形にならない心を名前や刺繍に見出す視点。(続く)

☆写真は、北欧のイニシャル刺繍の入ったリネンシーツ中古品。北欧の嫁入り道具のひとつかもしれない。左のスタンプは、ロンドン アンティークフェアーで購入。右の封蠟スタンプは、イタリア土産。

PageTop

エリーゼ・ヴィートゲルト

       レマン連絡船j
(承前)
「鷗外の恋 舞姫エリスの真実」(六草いちか 講談社)
  たまたま、「晩年の父」(小堀杏奴 岩波文庫)を読み終えた頃、日経の書評(2013年10月20日)に「それからのエリス いま明らかになる鷗外の『舞姫』の面影」(六草いちか 講談社)が出ていました。
 面白そう・・・図書館にあるかな?・・・新しいので、まだなかったのですが、その代わりに、前作「鷗外の恋 舞姫エリスの真実」がありました。ということで、「鷗外の恋 舞姫エリスの真実」から読み始めました。

 まあ、なんと、根気のいる調査でしょう。今まで、あまた鷗外の研究本もあり、「舞姫エリス」の謎解き・調査もある中、学者でないこの六草いちかという著者の仕事の綿密で深いこと。いわば、人間の好奇心が成せる技で、学究精神とも少し違う。
 舞姫のモデルと言われる女性が、実際に日本に来日したのに、それも鷗外帰国と、さほど時間を経ずして、来日したのに、しかも、1888年にドイツから一人の若い女性が日本に来るのはよくよくのことだったのに、後日不当とも思える表現 「金さえ握らせれば片がつく」「路頭の花(賎女)」「人の言葉の真偽を知るだけの常識にも欠けている、哀れな女の行く末」と、冷静な判断を欠いたエリスへのイメージ。

 事実を知りたい著者を突き進ませたのは、一女性が一女性の名誉を取り返す執念だったかもしれません。偶然や幸運を味方につけながら、エリスを、エリーゼ・ヴィートゲルトと特定したのです。

  今までの学者たちが、文献を読みあさり、フィールドリサーチをし、推論の域から事実に近づこうとしたのと、この著者が、決定的に違うのは、著者はドイツ在住のライターであったために、ドイツに密着して古地図や公文書や教会の記録等などなど、つぶさに調べ上げ、事実から核心に迫って行った点です。もちろん、凄い読書量に裏付けられていますが・・・
 そして、後日、「エリス」の写真を見つけ出し、次なる著書「それからのエリス いま明らかになる鷗外の『舞姫』の面影」として、エリスのその後の実像に迫るに至るわけです。

 六草いちか氏は最後に言います。≪私は、『舞姫』を初めて読んだとき、豊太郎のふがいなさに憤慨し、男の身勝手さが正当化されているようなこの作品を嫌悪した。しかし、鷗外が「何を書いたか」ではなく「なぜ書いたか」を考えたとき、鷗外への誤解が解けた。≫(続く)
☆写真は、スイス レマン湖の定期連絡船

PageTop

いまどきのキラキラネームどころじゃない

        レマンのユリカモメj
(承前)
 森鷗外の子どもたちの名前の付け方はなかなか独創的です。というか、ドイツ風。いまどきの「きらきらネーム」どころではありません。筋金入りです。
 「晩年の父」の作者の杏奴(あんぬ)、お姉さんの作家の茉莉(まり)、弟は類(るい)、兄は於菟(おと)夭折の弟は不律(ふりつ)。また森鷗外の孫には、真章(まくす)富(とむ)礼於(れお)樊須(はんす)常治(じょうじ)𣝣(じゃく)と続きます。

 小堀杏奴は言います。≪こんな妙な名前をつけられて実に長い間困ったが、この頃になって父がそれほどまでに熱心につけたがっていた名前であるし、字としても好い字だなと思って今では大好きになっている。≫

 また、ここでいう、「それほどまでに熱心に」というのが、後に母親から聞いた話として書かれています。
≪私を生む時母は夜明けからずっと苦しんでいて、いよいよ生み落としてほっとした時は夜もすっかりあけはなれ、雨戸を開けさせて庭を眺めていると恰度百合の花が一つ開いた。それで、母は百合という名前を私につけさせたかったのだが、父が長い間杏奴(あんぬ)という名前にするつもりで楽しみにしていて、私が生まれると母の反対を恐れ、一人でこっそり区役所へ行って届出をしてしまったというから、よほど好きな名前であったに違いない。≫

 さて、なにゆえ、鷗外は「それほどまでに熱心に」二女に杏奴(あんぬ)と名付け、初めての女の子に茉莉(まり)とつけたのか・・・
 「鷗外の恋―舞姫エリスの真実」 (六草いちか 講談社)に、その疑問への、身内の発想ではないアプローチがありました。この著者は、最近、実在していたエリスの写真を見つけ出し、発表なさった方です。(続く)

*「晩年の父」(小堀杏奴 岩波文庫)
☆写真は、スイス レマン湖のユリカモメ。鷗外の「鷗」はカモメ。

PageTop

「晩年の父」

日比谷公園j
 大体、森鷗外など、挫折し、ほとんど読みこなせていないのに、鷗外の娘の書いたものを先に読むか?と思いつつも、岩波文庫の重版「他では読めない」の帯がまぶしく、ついつい買ってしまいました。 「晩年の父」 (小堀杏奴著 岩波文庫)

 「晩年の父」の文章はいわゆる美文調ではありませんが、平易で読みやすく、何より「鷗外」が、とてもいいお父さんだとわかるのが、気分いい。
 お父さん森鷗外「舞姫」の、言語道断の後味とは全く違う。
 鷗外って、結構いい人やん。かなり、いいお父さんやん。
 他の子どもたちが書いた鷗外のことを読んでいませんが、この作者は、三番目の子どもで、しかも娘で、父親の余裕の気持ちが手伝うのか、大甘なお父さんなのです。姉の茉莉も溺愛していたらしい。

 ただ、著者70歳昭和54年発表の最後の文「はじめ悪しければ終わり善し」(「原題 はじめて理解できた『父・鷗外』」)は、前記の文体と全然違い、穏やかな空気が減り、著者の執念のようなものを感じます。
 世間から、何と言われようと、子どもには唯一無二のお父さん。しかも、それが愛情深い父親であったならなおさらです。
「舞姫」の結末と実際の結末。なぞは謎を呼ぶものの、子どもには、想像すらしたくないことでしょう。しかも、文豪であり、軍医であり、官僚であった 自慢の父親や家族を根ほり葉ほり研究材料にされた被害者意識が、「この文でもう最後にして。」と言わせています。

 この本は、「この書を最愛の母上に捧ぐ」とし、立場の弱かった母親に捧げられています。
「晩年の父」という題名ながら、本当は、「晩年の父と過ごした美しい母」としたかったかもしれないなと思います。父のすべての愛情は、母とその子どもたちにあったと子どもは信じたい。
 舞姫のモデルと文通をし、最期になって、目の前で妻に焼かせた手紙と写真。舞姫に最期まで、父の心があったかもしれないなんて、母の子どもなら思いたくない・・・

 杏奴は言います。≪勿論『舞姫』に書いてある事は殆ど事実ではなく、その人が子供を生んだ事も狂気になったことも全然創作である。二人は最初からある期間を限って同棲すると言う約束のもとに成立した関係であるが、女は父を諦めきれず、とうとう後を追って日本へ尋ねて来た。父は友人に頼んで、女が船からあがらぬうちに金を与えて帰ってもらったそうである。≫
 実の子どもならではの弁護です。
 「その人→女」と表現が変わるところが、心の痛みを物語っています。
 が、乗船名簿記録などから、≪とうとう後を追って≫という表現も、≪船からあがらぬうちに≫という表現も、事実は違うもののようです。しかも、≪二人は最初からある期間を限って同棲すると言う約束のもとに成立した関係≫という具体的な断定表現すら、危うい。(続く)

☆写真は、東京日比谷公園。この鶴の噴水は、明治38年頃(1905)の古いもの。
 鷗外親子も日比谷公園近くの日本料理屋へ行った事があると「晩年の父」には書かれているので、この噴水も見たかしら?森鷗外(1862-1922)小堀杏奴(1909-1998)

 

PageTop

片づけなくちゃ

さくら秋j
 いつもなら、とっくの昔に片づけていた扇風機。先日、やっとこさっとこ、片づけました。いつまでも暑かったといいつつも、秋らしくなって1か月以上経っている!
 早め早めにし過ぎて、まだ寒いのに、ちゃっちゃと、コート類をクリーニングに出すのは、例年のこと。まだ暑いのに、さっさと、クーラー本体のコンセントを抜くのも例年のこと。それに、扇風機も網戸も、とっとと、掃除していました。(今は、マンション暮らしなので、網戸を外して片づけておくことができなくなりました。)
 とはいえ、元々、整理整頓が苦手な上に、寄る年波なのか、片づけるのが、より億劫。広々とした収納場所でもあれば、楽だろうと勝手なことを言いつつも、あれをこうして、こう詰めて、これをその場所に入れる・・・など考えると、面倒が勝ってきた。・・・そのうち、一年中、扇風機を出しておくという生活になるんだろうか。

 子どもの頃を思い出すと、母が、茶の間とそれにつながる部屋の襖を、夏用の風通しの良い竹(?)と、冬用の障子紙のものに、ちゃっちゃと、替えていました。
 夏の夕方には、玄関前に、ぱっぱと、打ち水をしていた母。
 台風の前には、雨戸に筋交をし、大きな釘で打ちつけていた父。
 冬は冬で、火鉢の縁に腰かけては、叱られていた私。等など、
 季節とともに、いろんな情景がありましたが、今や、打ち水も雨戸も、ましてや、襖替えなど、縁遠い暮らしになりました。

 以前、夏場にイギリス人のおうちに伺った時、玄関ホールに、コートも、ブーツや長靴も置いてあって、夏場でも肌寒い日の多い、かの国の事情を理解したのですが、一応、四季折々メリハリのきいた日本の、この住宅事情じゃ、片づけなくちゃね。はい。(撮影:&Co.A)

PageTop

こんなところに咲いていたら・・・

アブチロンj
 気温はもはや冬。なので、遠目からみたら、ヤブツバキ?と思って近づくと、葉っぱが違う!アオイ系の葉っぱに似てる。花はハイビスカスにも似てる・・・便利な機器で調べてもらうと、「アブチロン」と言う花。
アブチロン軒下j
 でも、こんなところに咲いているんだから、きっと茶花にもできる、由緒ただしい日本名もあるでしょう?と、帰宅して調べても、結局、いろんな園芸種のアブチロンが出てくるだけで、しかもブラジル産、熱帯・亜熱帯出身とな。結構、寒おすけど・・・
 
 ま、思い込みというもんですね。京都 祇園の軒下に可憐に咲いていたものですから。

PageTop

知恩院さん

京都市美術館平安神宮j
 秋というより冬のように時折、時雨る日に、平安神宮前の京都市美術館から神宮道を進み、粟田焼を買って、青蓮門院跡前を通って、知恩院さんの境内に登って、南禅寺・円山公園を通って、祇園 花見小路に入って行きました。
大きな楠j
  一緒に歩いたのは、静岡出身の友人。彼女は、「知恩院さん」等と言いません。
三門j
 そうなのです。お寺や神社に「・・さん」とつけるのは、関西の人間だけらしいのです。
お寺全体を「お寺さん」。ご住職のことを「お住さん(おじゅっさん)」。神社は、「天神さん」「住吉さん(すみよっさん)」「恵比寿さん(えべっさん)」・・・・
 食べ物も、「おいもさん」「お豆さん」「おあげさん」。そして、おばちゃんのバッグに常備されているのは、「飴ちゃん」。(お飴さんなどとは言いません。)
 挨拶にも、「おはようさん」「お疲れさん」「ご苦労さん」。
 太陽は「お日さん(おひさん、おひぃさん)」星は「お星さん(おほしさん、おほっさん)」月は「お月さん」
 ん?これって、全国、誰でも、言うんじゃないの?

☆写真は上から、京都市美術館前の平安神宮鳥居。青蓮門院跡の前に親鸞聖人お手植えという樹齢800年以上のくすのき。知恩院三門。

PageTop

竹内栖鳳展

    栖鳳j
 竹内栖鳳は、近代日本画家に位置する人です。その若い頃から晩年にいたる作品と、スケッチ、絵のために撮ったと思われる写真などが京都市美術館で展示されています。(~2013年12月1日)

  この画家の一生の作品の変遷を見ていると、幕末に生まれ(1864年)、1942年に亡くなった時代も重なります。伝統的な日本画から始め、ヨーロッパの影響を受け、枯れたような晩年の作品。
また、旅に携行していたスケッチ帳は、それだけで、立派な作品集となるようで、もっと、ページを繰って見せてほしかった。ポール・クレーセンターのように、データ化したら、見れたのに・・・

  展示されていたものの多くは、人物画より動物・鳥などでした。生き生きと生きているかのような迫力の大きな動物(獅子・虎・象・熊)から、今にも動き、飛び立とうとするような鳥(鴉・雀・家鴨・闘鶏・鷹)、知恵を蓄えているかのような小動物(狐・鼠・猿・犬・猫・兎)など、さながら大小動物たちの競演と言う感じです。

  もちろん、青い目の猫(写真上方、チケットに印刷された猫)も魅力的な絵でしたし、枯れたカラスの絵も惹かれるものがありましたが、気に入ったのは、屏風に描かれたアヒルたちの大騒ぎの絵(写真下方)です。絵本「あひるのピンのぼうけん」*や「かもさんおとおり」*を思い出します。

 また、屏風に描かれた獅子の絵も(写真左右)、迫力満点。獅子は他にもあり、そのどれもが、獅子の毛並みの様子まで伝わって来る渾身の作で、近代日本画家として革新的なエネルギーを、ここぞと発揮しているかのようです。

 それから、展示には、先日、見た刺繍絵画の掛軸と竹内栖鳳の原画が並べられていました。(雪中蒼鷹図)これは、下絵となった竹内栖鳳の原画の方が、やっぱりいいなと思ったものの、もし、清水三年坂美術館のあの作品たちが、この場に並んでいたら、獅子も鷹も、決して、栖鳳のそれに見劣りしないと思った次第です。

 絵画と工芸品を同じ土俵に乗せるのは違うという向きもあるでしょう。が、しかし、栖鳳と同じ時期の明治の職人さんたちの超絶技巧が、もっと大きく回顧されても、いいのじゃないかと思い、平日でも混雑している京都市美術館を後にしました。

*「あひるのピンのぼうけん」(マージョリ・フラック文 クルト・ヴィーゼ絵 まさきるりこ訳 瑞雲舎)
*「かもさんおとおり」(ロバート・マックロスキー作 渡辺茂男訳 福音館)

☆写真上は、竹内栖鳳展チケットと絵ハガキ3枚。写真下は、京都市美術館の敷地から東山の方を向いて。

                   美術館から東山j

PageTop

秋の特派員便り

ヤドリギ11月j
 今年は、秋が短くて、紅葉もあっという間・・・という写真じゃなくて、先日の黄色い葉っぱの散った木に育つヤドリギの写真(ロンドン郊外)。
ヤドリギアップj
 特派員へのメールにしつこく、ヤドリギの写真を所望したら、やっと送ってきました。白い実も写っていて、可愛い!葉っぱのカーブも可愛い。他の木に寄生するというしたたかな生き方をするために、実は粘ついていて、鳥の目にも付きやすい。
ちなみに、一番下の一枚は、ごく最近の英国テムズ川の秋晴れ。(撮影:&Co.H)
ヤドリギ実j
             秋晴れjj

PageTop

蜘蛛の巣

ルーブルj
 (承前)
「聖なる酔っぱらいの伝説 他四篇」 (ヨーゼフ・ロート作 池内紀訳 岩波文庫)に入っている、とっかかりが読みにくく、後回しにしていた巻頭の「蜘蛛の巣」は、作者ヨーゼフ・ロートのデビュー作で新聞連載されたものでもあるようです。
 そんなことを全く知らずに、「この短編集も『蜘蛛の巣』を読んだら、終わるな・・・だから、読もう」みたいな気持ちで、もう一度読み始めました。やはり、初めは読みにくいなぁ・・・がしかし、いつの頃からか、話に流れが出てきて、後半は一気に読み終えました。

 で、解説には、≪紀行やエッセイは手なれていたが小説は初めての作者が手さぐりで書きだしたようであり、連載がすすむにつれて、作者は急速に自分の文体を見つけて行った。≫と、ありました。なるほど!

 これは、重い重い、おもーい話です。時代の空気を敏感に読み、しかも時代を予告するかのように書かれた作者29歳の作品です。ユダヤ系の人が書いた、反ユダヤ系の人の話なのです。そして、ユダヤ系の人だから書けたともいえる話です。

・・・・と、するうち、ユダヤ系の人だからこそ、描けた絵に会いました。(後日に続く。外国から無事届くはずのものを待ってます。)

☆写真は、パリ ルーブル 入口入ってすぐ。

PageTop

聖なる酔っぱらいの伝説

カクテル柿j
(承前)
「聖なる酔っぱらいの伝説 他四篇」 (ヨーゼフ・ロート作 池内紀訳 岩波文庫)
 この文庫本には、5つのお話が入っています。
 読みやすそうな表題の「聖なる酔っぱらいの伝説」から読みました。このお話運びが秀逸なのです。・・・と、今頃知ったのですが、とっくに映画化されるくらい有名な話だったよう。

 岩波文庫表紙絵の聖女テレーズに借りを返そうと努めるも、日々、煩悩に負けてしまう弱い人間の性(さが)が描かれています。立場や時代が違っても、人間の弱さは普遍的なものですから、感情移入しやすい。
 それに、話運びがうまい。リズミカルなのです。ほとんど、酩酊気分になったことがない私すら、ついふらふらと読み進みます。

 この「聖なる酔っぱらいの伝説」は、作者45歳の死後3カ月で刊行されたものだとあります。軽いタッチで重いテーマをさりげなく描いた遺作です。
 解説には、デビュー作の「蜘蛛の巣」から、中期の作品、最後の作品「聖なる酔っぱらいの伝説」までを入れることによって、作家としての全貌がわかるようにしている、とありました。個人的には、結末に満足いかない話があるものの、どの話も、話運びがうまい。
 とはいえ、巻頭のデビュー作「蜘蛛の巣」は最後まで読みにくかった。(続く)

☆写真は、吉野杉のコースターに朴葉(ほおば)を敷いた上に、ウィスキーと柿のジェルと大和茶のカクテル、緑は大葉。お酒というより、甘い飲み物って感じです。

PageTop

おはなし運びのうまい人

アインシュタインj
「聖なる酔っぱらいの伝説 他四篇」(ヨーゼフ・ロート作 池内紀訳 岩波文庫)
 表紙の愛らしい聖女の絵に惹かれて購入していたものの、相変わらず、積んでおいた岩波文庫でした。が、読み出すと面白い。

 ユダヤ系作家の作品って、どうしてこんなに、お話運びが、うまいんでしょう?
 アイザック・バシェヴィス・シンガー然り、「牛乳屋テヴィエ」のショレム・アレイヘム然り。絵本の世界のセンダックだってツェマックだって、そして、ファージョンだって。

 大昔から、身一つで移動するとき、荷物にならないものを、たくさん身につけるという技が、ユダヤの民のDNAの中にあるのでしょう。学問でも、芸術でも。そして、最たるものが、お話。誰でも、手ぶらで、移動できます。
 荷物になる本を持って移動しない以上、お話を聴き、お話を伝え、お話を身体にたくさん持って、大人になるということでしょう。もちろん、どうしても伝えなければならないことも、歴史の中で増えていったわけですから、お話を身に着ける能力の進化ということは考えられます。さらにいうならば、学問も芸術でも、優れた業績・作品を残した人は、その根っこにお話を持っている。

 アメリカを中心とした国々で著名となるユダヤ系だけでなく、ミドルクラスのユダヤ系の普通のおうちでも、複数の楽器がありリビングには譜面台があり、その親戚には、ちょっとした画家や演奏家が居たりするのを知っています。そして、その家の子どもたちは、一人はケンブリッジに行き、一人はアーティストになりました。
・・・と、書いている間に、肝心の「聖なる酔っ払いの伝説」の感想を書いていないことに気づきました。(続く)

☆写真は、1922年ユダヤ人アインシュタイン博士が奈良ホテルに宿泊した際に弾いたピアノとその写真。ピアノは1992年に発見。写真原版は2008年に原版発見ということで、新聞などで報道されていましたね。学者だった彼も、ピアノが弾けたのね。

PageTop

映画「いとしきエブリディ」

レマン湖朝j
 この映画(原題:Everyday)は、ドキュメンタリー映画ではないのです。が、4人の子どもたちは、実際の姉兄弟妹で、5年にわたって、撮影したそう・・・だからでしょうか、フィクションなのに、子どもたちの成長、大人たちの年月が、手に取るようにわかります。

 刑務所に入った父親の居ない家庭を孤軍奮闘、支える母親と、4人の子どもたちのなにげない日常。大きな事件などありません。ドラマチックな展開も、お涙ちょうだいも、問題提起もありません。ちょっとした子どもの喧嘩や出来心、それに、大人にも弱いところがある、そんな年月が、淡々と進んでいきます。実際に5年。

 画面いっぱいに広がる、イギリス東部ノーフォークの海辺、広がる麦畑、続くラッパズイセン、霧のかかる森・・・特別の場所じゃない風景なのに、どれも詩情豊かで、素敵にぴったり合っていた音楽とともに、美しい。
そこには、煩雑な日常との対比があります。いえ、毎日を包み込む大きさが在ります。

 ところで、子どもたちの自然な動きや会話、映画として、どうやって撮ったんだろう?特に二人の男の子たちの成長を、おばちゃんは、楽しみました。そして、この映画の感想を一言でいうなら、「そうよねぇ」って、感じかな???

☆写真は、スイス レマン湖の朝。

PageTop

関西空港に行く人

標識j
 関西国際空港に入るには、バスや車、私鉄やJRがあります。
 JRは大阪から紀州路快速というのと関空快速というのが連結されていて、日根野という駅で切り離されます。前何両は関空行き、後ろ何両は和歌山行きというアナウンスが流れます。英語でもアナウンスが流れます。

 ここ何年か、諸事情により、和歌山に行くことが何度もありました。それで、いつも、その紀州路快速に乗るのですが、どう見ても、スーツケースを持ち関空に行く人たちも、私と同じ車両に乗っていることがあります。毎回です。中には、西洋系の人たちもいますが、圧倒的に最近は、アジア系の人達です。

 大阪から一時間半も乗っているので、充分、眠れるのですが、そんな人たちが居ると、日根野まで気になって眠れません。まあ、そんな旅行者たちも大抵は、気づいて、切り離される時に、前の車両に慌てて移って行きます。また、いつかは、私自身が英語で(!)「この電車は和歌山に行くのであって、もし、関空に行くなら、前の車両です。」と説明し、事なきを得たこともあります。

 が、先日、ついに、和歌山まで行った人たちがおりました。
 私の座っているところから戸口を挟んで向こうのシートに居たので、気づきませんでした。もう、終点 和歌山のアナウンスが入る頃でした。血相を変えて、隣のおじいさんにガイドブックの地図を広げ、「関空に行かないのか?」と聞いているようです。おじいさんは「NO」と言いながら、地図で「今ここ」「こっちに乗り替えあっちへ行く」みたいなことをペンで印を入れながら説明していました。そして、和歌山に着くや否や、そのアジア系のカップルは、向かいのホームに停まっていた、上りの電車に飛び乗って行きました。・・・・飛行機、間に合ったかな?

 昔、何かに書きましたが、私も、イギリスで、電車の切り離しがわからず、違う方向に行ってしまった経験があります。あのときの経験を、いつも紀州路快速に乗ると思いだします。
 観光地やその発着地へのアクセス方法は、観光客にとって、とても重要です。もっと親切にしないと、観光客のリピートを誘えないとも思います。
 
 観光立国のスイスは、鉄道もわかりやすいし、山道の案内も丁寧です。ロンドンの地下鉄もパリの地下鉄もアルファベットさえわかれば、どこに向かって、どこで乗り替えるかわかりやすい。あまり慣れていないものの東京の地下鉄も大阪の地下鉄に比べるとわかりやすいような気がします。
 大阪よ、観光にも力を入れるなら、もっとわかりやすい親切な表示を。大阪の個人個人は、とても親切なんだけど・・・

☆写真は、スイス ミューレン駅の表示。距離ではなく主に所要時間を書いています。向こうにアイガー。

PageTop

観光地

         五重塔秋j
 観光地 奈良なのですが、正倉院展をやっていた国立博物館の立派な外壁は少々、傷みが見えたし、何より、東大寺南大門の運慶たちの作だと言われる仁王像二体がほこりまみれで、外の金網もほこりまみれなので、写真にもうまく写らない・・・それに、南大門も中門も、かなり塗装がはげてるから、さらに傷みが進むんじゃないかなぁ。確かに、今様に極彩色に塗っていくのもどうかと思うけれど、木造だけに、スーパー異常気象が、奈良を直撃する可能性だってあるわけで、ちゃんと、管理しておかないと、えらいことになってからでは、大変。
 その点、京都は、国宝がほこりまみれっていうのを見たことないなぁ・・・

 富士山が今年、世界遺産に登録される時、大騒ぎになったけれど、東大寺も含め、奈良の文化財は、世界遺産なわけで、もうちょっと保全に努める必要があるのではないかと思います。また、奈良だけの力ではなく国も文化財保護に、もっと力を入れなければならないのでは?新しいものの力を信じ、そこに未来を見るのも大事ですが、古いものは、まったく同じものを二度と作れない・・・
 
☆写真上は、奈良興福寺 五重塔。下は、傷みが激しいのが見えますか?東大寺南大門。
       南大門j

PageTop

阿修羅像に会いに

阿修羅jj10
 あの人。そう、阿修羅像です。
奈良 興福寺の阿修羅像。今は国宝館の順路最後列中央。あの人は、静かに待っていてくれました。

 正倉院展のおかげで、日帰り可能な奈良に 一泊することに。で、開館(9時)同時に国宝館に入場。で、他のご仏像には目もくれず、一目散に(あくまでも、足取りは落ち着いて)あの人の元に。

 え?同じ考えの人が私の前、数人並んでいた中に居た!若い男性でした。
で、その人と、二人で、阿修羅像を二人占め。余計なガラス張りもなく、かのお方にぴったりの照明で、息が詰まりそう。どきどき。
 真正面から、左から、右から、離れて、下から、下横から、ああ~
 左から見たら、「何を悲しんでいらっしゃるの?」
 右から見たら、「悟られたのですか?」
 真正面は、ただただ「お美しい」
「生きてらっしゃるんでしょう?」

 そうなのです。じっとじっとゆっくり見つめていたら、左と右では、少々違うのです。ほんの少しの眉の角度、まぶたの流れ、瞳の輝き・・・3つあるお顔のうち、左側面のお顔が口を閉じ、右側面のお顔が遠くを見ている様なお顔・・・ということで印象が違うのかとも思っていましたが、正面のお顔そのものが、微妙に変化があり、それが人の手になるものゆえか、いえ、意図したものなのか、ともかくも、じっと、じっと見つめていたら、ああ~

 とはいえ、阿修羅像は別格ながら、居並ぶ他の八部衆も、もちろん、じっくり鑑賞。どの人も、服装やお顔つき、手つきに物語があって、本当に飽きません。
 ああ、ぞろぞろ人の波が・・・じゃあ、また来ます。

 さて、阿修羅像のお写真の絵葉書を買おうかと思っていると、ちっともいいのがありません。
 あの美しさは写真では無理なの?いえ、いえ、かつて購入した入江泰吉撮影のもの(平凡社ギャラリー13 昭和49年刊)は良かったじゃないの。あの写真集のおかげで、家に帰っても、いつでも阿修羅像を眺めることができたじゃないの・・・もしかして、今回は、じっくり阿修羅像と向き合ったおかげで、絵葉書のカラー写真に飽き足らないの?・・・で、家の入江氏の写真も同じだろうか・・・

 家に帰って早速、開いてみました。そりゃ。実物にはかなわないけど、入江泰吉撮影の写真でも充分に、阿修羅の美しさ、哀しさを感じることができます。
 写真家の心のなせる技なのか、素材がよくても誰でもいいのが撮れないってことですよね。ということで、上の写真の処理の仕方も今一つ。入江泰吉撮影の写真集裏表紙に内部の写真を張り付け処理しました。下の写真は、ホテル窓から興福寺五重塔を望む。

                              五重塔バラj

PageTop

戒壇堂の四天王

           四天王j
 (承前)
 東大寺戒壇堂の四天王。
 「おお、みなさんりりしい。厳しいお顔。」
 彼らの人間的で、力強い様子に、つい芸術品として見てしまう。つまり、参拝というより鑑賞。この天平時代のりりしい4人に、惚れぼれ。
 とはいえ、見に行ったのか、こちらが睨まれているのか・・・だんだんわからなくなってくる。
 
 下敷きになっている邪鬼も、なかなかの出来で、ユーモラスではありますが、ついつい、四天王たちの表情に釘付けになってしまいます。

 広目天は、目をかっと見開くのではなく、眉間に皺を寄せ、目を細め、遠くを見据えてるのが、こわーい。(写真左上、中央下)が、なかなかのイケメン。筆を持ってるから、悪事を書き留めるのでしょうか。
 多聞天は、口をへの字にし小鼻をふくらませ、静かに静かににらんでいるのが、こわーい。(写真右下、中央上)
 持国天は、目を見開き、にらみをきかせ、剣をもって、兜をかぶり、下敷きになっている邪鬼も一番苦しそうで、こわーい。(写真右上)
 増長天は目を見開き、怒りをあらわに、なんか声を発してる。邪鬼のお腹、踏んでるし・・・こわーい。(写真左下)
 この時代に、内面の怒りをこんなに表現できるなんて、それも、すごーい。

 他にも例えば、戒壇堂にほど近い興福寺東金堂にも四天王さんは、おってですが、やっぱりこの戒壇堂の四天王さんには勝たれへんわ。勝ち負け違うけど。

 それに、ほら、ここまできたら、あの人。あの人のこと忘れてやしません。
 もしかしたら、あの人に会いたいために 奈良に行く。(続く)

戒壇堂j

PageTop

遠足の思い出

大仏殿j
 高校の遠足で、奈良 東大寺 正倉院に行きました。
 「おお、これが校倉造りというものか」
 日本の風土を考えると、この倉なのか・・・先人の知恵とはいかなるものか・・・などと、小難しいことを考えることもなく、「わぁ、教科書と一緒!」と、ミーハーのノリで外から見学したと思います。
 で、今回、当時を懐かしみ、東大寺の奥に位置する正倉院に行ってみたら、「うぇーん、工事中!」
 外からも全然見えない・・・

じゃあ、中学の遠足ってどこに行ったんだろう?うーん、思いだせない。富士河口湖から東京に修学旅行に行った事しか覚えてないなぁ・・・
 
 が、小学校の遠足で奈良に行ったのは覚えています。5年生でした。ただ、みんなと列をなして歩いていただけなのに、私は、鹿に襲われそうになった・・・。うぇーん。その時の服の色はピンク。鹿の嫌いな色だったのか、はたまた、その当時の顔つきが気に入らんかったのか・・・最近は、奈良に行っても大丈夫なので、鹿に受け入れてもらったと思っています。

 それで、その遠足の思い出は、若草山でお弁当を食べたとか、東大寺大仏殿の大きさにびっくりしたことより「鹿」の一件が大きく、今回、東大寺の大仏殿の大仏さんに懐かしさを覚えず、お目もじもせず、大仏殿隣の戒壇堂に行きました。厳しいお顔の四天王さんに会いに。(つづく)

☆写真上は、奈良 東大寺大仏殿。下は東大寺の銘の入った石のそばで、鎖好きな鹿さん。

                    鹿と東大寺j

PageTop

正倉院展 3

麟鹿草木夾纈j
(承前)
 正倉院展では、小さい小刀、刀子(とうす)にも心惹かれました。斑犀把紅牙撥鏤鞘刀子(はんさいのつかこうげばちるのさやのとうす)斑犀把金銀鞘刀子(はんさいのつかきんぎんのさやのとうす) 
 毎年、違う刀子が出品されているからでしょうか。広報では大きく取り上げられていませんが、実用品とはいうものの、細かい細工は美しく、ついには、飾りに帯刀(?)していたという工芸品の域のものです。刀自体にも細工、刀袋の意匠、さらにその組紐・・・小さいだけに、より可愛らしい。

 それに、白牙把水角鞘小三合刀子(はくげのつかすいかくのさやのしょうさんごうとうす)という3本組の刀子を見ていると、うーん、実用的、と、天平の人達に親近感を覚えるのです。で、この刀子は前回出陳1956年とあります。ということは、このペースで行くと、私は、もう二度と見られない・・・とはいえ、また次なる人達を魅了していく。

 さて、今回の出陳品で、北倉から出陳された鹿草木夾纈屛風(しかくさききょうけちのびょうぶ)。その意匠の門帳は、現在の興福寺 東金堂等で見られます。(写真上)

                                奈良ホテルj

PageTop

正倉院展 2

      荒池j
(承前)
 正倉院展の漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)も華麗なものですが、平螺鈿背円鏡 (へいらでんはいのえんきょう)という鏡も、美しい細工のものでした。貝の螺鈿(らでん)や琥珀(こはく)、トルコ石やラピスラズリの砕片が敷き詰められているらしい。明治に修復されたものや、破損されたものも合わせると3点の出品でした。
 解説には、この鏡、聖武天皇のご遺愛のものとなっています。光明皇后のものじゃないの?それとも、ご一緒に使った?2キロ以上の重さもあるから、携帯品じゃないし、複数あるということは、お住まいの各所に置いていて、使った?・・・・など、現代の庶民感覚とはずいぶん違う生活だったことだけは想像できます。

 今や、細工の美しいものや華美なものは女の人のもののような感覚がありますが、男の人が美しいものを身につけたり、周りに置いたりしたのは、平和な証拠であるとも言えます。
 奈良、平安時代のあと、武士文化の鎌倉時代になると、質実剛健。男の人には、螺鈿の鏡なんか、必要ないのですから。
 現代の日本の若い男性が、美容に気遣い、襟にピンバッチをつけ、スカーフのようなマフラーを首に巻きするのも、平和だからなのだと、わかります。(続く)

☆写真は、奈良興福寺近くの荒池。自然の鏡に映る秋の風情。逆さに見ても秋の風情。

PageTop

正倉院展 1

正倉院展j
 奈良、正倉院展。毎年秋に公開されるものの、出品のお品が毎年違い、会期も2週間と短い。もちろん、全国巡回もない・・・となれば、混雑承知で行くしかないと思いつつも、やっぱり混んでるのはいや・・・と、行ってませんでした。
 が、今年は、チケットももらったし、駅でよく見かける美しいポスターにも魅了されたし、ええぃとばかりに、夕方遅くに入館しました。入場待ち時間は短かったものの、会場内は、やはり混雑。

 お目当ての美しい漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)に至っては、間近で見ることが出来る人の列と遠巻きに見る人の列が違い、間近で見られる列は、30分待ち。ともかくも私は、これを近くで見たい。背も低いので遠巻きは見えない。ということで、延々と並び、やっとガラス越し間近に。
 そりゃあ、並んだ甲斐あって、その細かく描かれた美しいものを堪能しました。
 蓮のイメージから出来ている「お香」の台座ですが、思いのほか大きく堂々としています。仏具とはいえ、豪華絢爛。隣には、その台座と対だったという香をたく黒漆塗平盆(ひらぼん)もあるのですが、香の世界をよく知らないものですから、説明を読んでも、なかなか、その使われ方がよくわかりません。とはいえ、その漆黒の盆や台座が1200年以上も、美しくあることに感動してしまいます。
 もちろん、他にも美しい天平文化がありました。(続く)

☆写真のポスターに写るのが漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)

PageTop

あの憧れの

水飲み場j
 一年前、プールの後、サウナに入ることにしたと、書きました。もともと、ほとんど汗をかかない人だったので、新陳代謝を高めようと思ったからでした。
 初めは、10分入っても、乾く感じの方が大きく、15分過ぎると、やっと汗ばむという具合でした。
 ところが、いつの頃からか、5分くらいで、じっとりし始め、今やなんと、10分以内に、あの憧れの汗がたら~。
で、一時は20分も入っていたサウナも、今は12分(12分時計なのです)にしました。やっと、顔や首、胸元から汗を流せるようになったのです。いずれ、もっと、素早く反応し、全身から汗が出たら、等と思っています。汗かきの人には、縁遠い話でした。
 
☆写真は、スイス ベルンの水飲み場。

PageTop

本の匂い

 ウェストミンスターj
(承前)
 シュタイデル社のゲルハルトは、本の匂いにまでこだわっています。
今や技術の進歩で、新刊の匂いが消されているとゲルハルトはいい、どの本がいい匂いか、などをレクチャーします。ただ、その匂いの出し方は企業秘密だと微笑むのです。
確かに、ずいぶん昔、私が子どもの頃は、新しい本を手にすると「さらの本の匂い」がして、嬉しかったのを覚えています。

 センダックはヴァージニア・ハヴィランドとの対話の中で、初めて本物の本(お姉さんが買ってくれた『王子と乞食』)を手にしたときのことを、こう言います。
≪まず最初にやったのは、それをテーブルの上に立てて、まじまじと見つめることでした。マーク・トウェインに感銘を受けたからではありません。ただただ、ものとしてとても美しかったからです。それから匂いを嗅ぎました。・・・いい匂いがしたというだけでなく表紙もつやつやしていました。ラミネート加工をしてあったのです。私はそれをはじいてみました。すると、とてもがっちりとしているのがわかりました。私はそれを噛んでみたことを覚えています。・・・・本はただ読むという以外にも、たくさんの意味があるのです。私は子どもたちが本で遊び、本を抱き締め、本の匂いを嗅いでいるのを見てきましたが、それを見れば本作りに心をこめなくてはならないのは明らかです。≫『センダックの絵本論』(脇明子・島多代訳 岩波)

 センダックとシュタイデル社が組んだら最強?の本ができたでしょう。見ているだけでため息が出そうな本。いえいえ、触ったらぞくぞくする本。見果てぬ夢ながら、想像するとわくわく。

「王子と乞食」 (マーク・トウェーン 村岡花子訳 ロバート・ローソン絵 岩波文庫)(マーク・トウェイン作 大久保博訳 F.T.メリル J.J.ハーリ L.S.イプスン絵 角川書店)

☆写真は、「王子と乞食」の最後の舞台となったウェストミンスター寺院をはじめ、国家議事堂など、テムズの近くの建物が写るロンドン。(撮影*&Co.T)

PageTop

絵葉書

絵葉書j
(承前)
  美術展に行って、ついつい買ってしまう絵葉書。
 昔はもっと、あちこちに出していたのですが、こちらもメール、先方もメールで済ましてしまうことが多くなってしまいました。
 が、しかし、時々、絵葉書をいただいた時なんかは、ポストからエレベーターで自宅に行く道のりの楽しみが増えます。ちょっとしたプレゼントをもらった気分です。

 そんなプレゼント、日本の美術展の絵葉書と、元の美術館の絵葉書を比べると、レイアウトだけでなく、色合いも、どうも違うことがあります。
また、実物の素晴らしさを印刷による絵葉書に求めるのは酷だとはいえ、せめて、もう少し実物に近づいてもいいんじゃないか、と思えるのもあって、印刷の色の出し方の難しさや、センスを考えます。
 シュタイデル社のような丁寧な仕事をせずに、やっつけ仕事の場合もあるのかもしれません。 ま、昔の観光地の絵葉書より格段に技術が進歩して、よくなったとはいえ、シュタイデル社のように「商品ではなく作品を作るつもりで臨む」という姿勢があればなぁ・・・(続く)

☆写真は、"Birthday Greetings---Bringers of Good Tidings"(Ruth Artmonsky)の表紙(アーディゾーニ画)の上に、新進絵本画家 山本暁子氏の二人展礼状おいもの絵葉書。

PageTop

映画「世界一美しい本を作る男」

   冨士とパラグライダーj
 ドキュメンタリー映画「世界一美しい本を作る男――シュタイデルとの旅」を見ました。小さな出版社が、作者と直接会って打ち合わせを重ね、印刷から製本まで、その一社で作り上げます。今や、印刷はこの国、レイアウトはこの国、製本はこの国、という分業で成り立つような印刷業界らしいのですが、このシュタイデル社は、すべて請け負い、しかも、作者に助言、というより、進言し、美しい本造りにこだわり続けます。経営者のゲルハルトは、ニューヨーク、ロンドン、パリ、カタール・・・・世界を飛び回り(東アジアは来てなかったなぁ)顧客と打ち合わせて行きます。人と人とがつながって行く面白さがそこに見られます。

 写真の色合い、紙質、インクの色、表紙、レイアウト、マーケティングの動向・・・等、作者と打ち合わせる工程を見ていると、一冊の本が出来上がる有難味がより増します。
 先日参加した「印刷から読み解く絵本」の会の印刷屋さんのこだわりを実際の現場で見ている様な感じです。こんな人たちが居るから、美しい本が生まれるんだ・・・。ありがとうございます。

 文字が生まれ、印刷技術が生まれ、本が造られ・・・今や、本のない生活は考えられないものの、電子図書が生まれ、それが増えていくなら、遠い(?)将来、造本による書籍が減り・・・
 とすると、希少になったあの美しい古き時代の本たちのように、また、本自体が美しく芸術作品のようになって行くのではないかと予感する映画でした。(続く)

☆写真は、世界一美しい富士山と気持ちよさそうなパラグライダー。夏。(撮影:&Co.A)

PageTop