みんなみすべくきたすべく

ベルンの朝

  ベルン2j
 2013年8月、ベルンの街は中心部も教会も、いろんなところで、工事が目立ちました。特に世界遺産に登録されている街の中心部の工事は、一方通行であったり、仮設の階段になったりして、すっきりしませんでした。夏休みだったので、人もたくさんだったし。広場では、イベントをやっていたし・・・
 フランス語圏を離れたので、食事に期待していなかったら、イタリアも隣の国ということで、イタリアンぽい食事が多く、昼も夜も外(カフェ)で食べました。
 
 そんな雑踏ではあるものの、朝は、みんなまだ寝ていて、早起き日本人の散歩にはうってつけ。
 スイスの首都の、それも街の中。緑多き道ではないし、テムズ川散歩のようにゆったり感はないものの、そこは、さすが、世界遺産。趣深い・・・

 古い建物というのは、ミステリアスで、それなのに、今、実際に人が暮らしている。なんか、わくわくします。
 ま、いわば、長屋のように繋がっている建物といえば、そうですが、年経るうちに、それぞれが少しずつ個性を持ち、その中の生活が感じられ、昼の雑踏とは違う、街の良さを感じることができたのです。

 壁に素敵な絵を描いているところがあったので、シャッターを切ろうとしたら、窓を開けて、くつろいだ姿の若い女性がタバコ吸ってる!目があったので、結局、その建物は、写せなかったものの、一日の始まりが世界遺産って、どんな感じ?なんだろう。彼女には、ただの日常なんだろうけど。

☆写真上は、ちょっと小高い丘からベルンの古い街並みを撮りました。(この下に昨日の熊さん達が住んでいます。)朝日に輝くこの時の美しさは息をのむようなものでした。帰ってからわかったのですが、クレーも同じ場所で、写生をしたとみられる作品があります。写真下は、古い街並みの内部。

ベルン1j

PageTop