FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

金糸

金糸j
 英語で、漆器のことをジャパンというのでしたね。英国で上等の金糸のことをジャパニーズというんだって!と、娘が話してくれました。
 化繊の金糸じゃすぐにプチっと切れてしまうらしく、本物の金糸は、英国でも,もちろん日本でも貴重品。

 そんなとき、目にしたのが、「男達の色彩」と言う連載の京都の染色家 吉岡幸雄氏の文「金箔・金糸」
(2013年4月号 Agora) 
≪・・・金箔は細く切られて金の糸にもなる。宋の時代、金箔から造る織物が考案された。それまで金の地金を細く切り裂いて糸に巻き、金の糸にしていたが、絹織物に太すぎてなじまなかった。金箔を薄紙に貼って細く切り、糸にする技法は「金襴(きんらん)」と称されて日本へも運ばれ、人々の憧れを誘ったが、やがて日本でも繊細緻密な和紙を用いて,箔で金糸を造るようになり、より細やかな糸が織り込めるようになった。金襴織が帯や茶道の仕覆(茶道具の袋)などで尊ばれるようになったのである。・・・・・・とりわけ、金の加工技術において、和紙という日本の風土が育んだ精緻な紙があればこそ、繊細で洗練された日本の金箔、金糸が発展したのである。≫

☆写真は、正絹に銀メッキした後、金着色した糸と正絹に金箔の糸。値段は、現在25倍!(金の価格で変わるのです)うーむ、日本の着物、振袖が高価なはずです。糸から、本気。どっちが、どっちかわかる?

PageTop