FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

なにが そんなに たのしいの?

ボストン美術展j
(承前)
 「ボストン美術館 日本の至宝展」では、仏画も見応えがあったのですが、快慶の「弥勒菩薩立像」は、穏やかな表情の立ち姿で、不信心者の私でさえ、手を合わせそうになり・・・と、思ったら、隣に居た老婦人が、実際に手を合わせ、目礼されておりました。混雑していたら、二重三重に、人の頭があって、こんなことできませんから、そういう意味でも、開館早々に行ってよかった。

 伊藤若冲も2点ありました。
 写真左上「鸚鵡図」は、ガラス越しすれすれ近くで、まじまじと見たら(混雑してたら、できないよ!)、本当にそのレースのような羽根の表現に驚きます。独学で絵を描いていたという若冲の作品には、いつも、何かちょっとした一工夫の画法があるようで、それがまた、ミステリアスで、わくわくします。

 それから、写真下の曽我蕭白「虎渓三笑図屏風」は、見ている者も、思わず口元がほころんでしまいます。楽しそう、この3人。「何が そんなに 楽しいの?」

 他にも、楽しい気分にさせてくれる作品が多い中、特に、写真の右上、伝楊月の「枇杷に栗鼠図」という小品は、どうです?小躍りしているリス、英国ベアトリクス・ポター描くところの「リスのナトキン」*と、よーく似てて、友だちの友だちに会ったような気分でした。

「ボストン美術館 日本の至宝」は、ピゲロー、フェネロサという収集家が中心になって、収集したといいます。目利きでもあるけど、きっと、楽しいことが好きだったに違いありません。

「リスのナトキン」(ベアトリクス・ポター作 石井桃子訳 福音館) 

PageTop