FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

法金剛院

しだれj
 美女の足跡をたどって・・・ではないのですが、先日は、小野小町の京都山科の隨心院。昨日は、美貌の藤原彰子(待賢門院)(1101~1145)が創立者とされる京都花園の法金剛院。

 かの西行(1118~1190)も待賢門院彰子を慕って、この寺をよく訪れたとか・・・というか、親交があって、一説には、彰子に失恋して出家したとも。

 また、待賢門院彰子に仕え一緒に出家した待賢門院堀河は、百人一首にも選ばれる歌人ですが、法金剛院には、その歌碑もあります。「ながからむ 心もしらず黒髪の 乱れて今朝は ものをこそおもへ 」(待賢門院堀河)と、なかなか艶っぽい。
 当然、この人と西行の交流もあっただろうと考えると、当時の歌合戦?に思いをはせます。

隨心院は梅。法金剛院は、しだれ桜を見に行きました。(「椿も見て!」に続く)
                                    ながからむj青女の滝j
☆写真は、すべて法金剛院庭園。一番下は国の名勝「青女の滝」平安期のもので、日本最古の人工滝とされる。

PageTop