FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

至難の業

               ストーンヘンジjj
(「知らなくても食べていけるけれど、 」から続き」
(承前)
 昨日の文章をUPせずにいたら、またもや新聞記事にこんなことが書いてあったので、書き残しておきます。

紅染師鈴木孝男氏の「いにしえの紅花染め復活」という記事です。(2013年3月1日日経朝刊)

紅花を染料とする紅の歴史は古く、卑弥呼の時代に大陸から伝わり発達、江戸時代に隆盛するものの、明治になって安価な化学染料に押され廃れていった経緯があるといいます。そして、それを復活させるため、古文書を解読、試行錯誤を重ね、手間暇をかけ、復活させたのが氏でした。
 記事の最後にこうあります。≪・・・原料不足や年齢を考えると限界を感じるが、一度途切れた伝統文化を復活させるのは至難の業。・・≫
 ほら、ここでもおっしゃっているじゃないですか。一度途切れた伝統文化を復活させるのは大変だと。先人から学ぶ謙虚な姿勢、苦難を越える大きな愛があったから、復活できたのですね。

 恐竜だって滅びたじゃないか、滅びるものはあるんだと、言うのは簡単です。
 何もかも守らなくてもいいのじゃないか、という考えもあるでしょう。
 が、時間をかけて築いてきたものには、知恵や工夫、そして愛が詰まっています。
 次につないでいくことの大切さを忘れないようにしたいです。
(「電車の中で」に続く)

☆写真は、英国ストーンヘンジ。(撮影:&Co.H)

PageTop