FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

「ローマ法王の休日」

ノートルダム裏j
 バッグのポケットから、2012年8月の日付が印字された映画の半券がでてきました。「ローマ法王の休日」でした。最近のNEWS「ローマ法王が存命中に退位」というトピックに合わせたかのように、出てきました。
 
 映画「ローマ法王の休日」は、オードリー・ヘップバーンの「ローマの休日」を、もじったと思われ、法王という活字が小さかったと思います。
 題名をもじった・・・軽いノリで・・・だから、映画も楽しく見られると、錯覚していました。また、ローマ法王にも、人間らしい休日があるにちがいないと思っていたので、その好奇心から見た映画とも言えます。

 映画では、ローマ法王の選出のとき(コンクラーベ)、実は、それぞれが「神様、自分は選ばれませんように」と思っていたし、内省的で静かな暮らしなのかと思えば、戸外(中庭)で、バレーボールをして、いい汗かいているし、ローマ法王に選ばれた人が、町の神父の話に耳を傾けているし・・・

 結論からいうと、ローマ法王も人間なのですから、ローマ法王が存命中に退位するという現実も、なんら不思議がないとわかる映画です。・・・ということは、現在のこの日が来るだろうと、映画は、予測していたということでしょうか。

☆写真は、パリ ノートルダム大聖堂(カトリック教会)の裏手上方。私以外の家族4人は、すべてバチカン観光に行ったことがあるのですが、データ写真がありません。

PageTop