FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

煩悩まみれの日々

467湖水地方牛j
(「おばかさんのペチューニア」から続き)
(承前)
 ペチューニアのシリーズを、それぞれ、手に取ってみますと、彼女の悩み多き姿が見えてきます。
「ペチューニアのうた」では、自分の声がしゃがれているので、ため息をつき、≪うたが上手になりたいなぁ・・・≫
「ペチューニアのたからもの」では、まだ見ぬ宝箱の中に金貨が詰まっていると妄想し、
「ペチューニアごようじん」では、となりの草の方がおいしそうに見えるので、どんどん行くが行くのですが・・・
そして、「ペチューニアのだいりょこう」では、なんと、飛ぶためにどうしたらいいか→痩せて、筋力UP→美容体操だ!(ほら!どこか身近でも意識することでしょう。)
・・・・と、煩悩まみれの日々を暮らすペチューニアなのです。もちろん、最後は、ちょっと賢くなって、また明るい農場生活。

 とはいえ、こんなペチューニアもいつしか落ち着き、本当に賢くなりました。
 ペチューニアシリーズではありませんが、 「めうしのジャスミン」で、一風変わったジャスミンが、みんなから非難される場面の最後に、進言し、場を収めたのは、誰あろう、ペチューニアその人なのです。
ペチューニアは言います。
 ≪めうしでも、だれでも、自分のすきなかっこうを してはいけないってことはないとおもうわ≫

 ペチューニアは、モウ、おばかさんではありませんでした。(「おきなさい、農場! 」に続く)

*がちょうのペチューニア(ロジャー・デュボアザン作 松岡享子訳 冨山房)
ペチューニアのうた(ロジャー・デュボアザン作 ふしみみさお訳 復刊どっとコム)
ペチューニアのクリスマス(ロジャー・デュボアザン作 ふしみみさお訳 復刊どっとコム)
*ペチューニアのだいりょこう(ロジャー・デュボアザン作 松岡享子訳 童話館)
*ペチューニアごようじん(ロジャー・デュボアザン作 松岡享子訳 富山房)
*ペチューニアのたからもの(ロジャー・デュボアザン作 乾侑美子訳 童話館)
*めうしのジャスミン(ロジャー・デュボアザン作 乾侑美子訳 童話館)

☆写真は、英国 湖水地方 イースワイク付近 仲良く木蔭を分けあって雨宿り中の牛さん。(撮影:&Co.I)

PageTop