FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

花の色は 雪にまじりて見えずとも

         スノーシューp
 先日、2カ月ぶりにお習字を練習しました。11月中旬から、お稽古自体がお休みでした。

  案の定というか、果たしてというか、さもありなんというか、全然、ぜーんぜん、うまくいきません。それまでも、自分の美意識からすると程遠い「へたくそ」なものではありましたが、慣れて来たというか、お手本に眼をやっていながら、少しは、筆をコントロール出来るような錯覚に陥っていました。
 ところがです。やっぱりです。予想通りでした。習うより慣れろ・・・と言っても、習わないと慣れない。

 で、恥ずかしながら、お稽古に出向きますと、その日の字が古今和歌集の
「花の色は 雪にまじりて見えずとも 香をだににほえ人の知るべく」(小野篁 おののたかむら*)

 大雪の地方もある中、もはや、京都では、雪の中の白梅を愛でる気分でした。

*小野篁の有名な歌は、百人一首の「わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣舟」です。
☆写真上は、大山スノーシュー(撮影:&Co.A)下は、以前に撮った神戸 岡本梅林公園の白梅。
                                     456白梅j

PageTop