FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ペチューニアのクリスマス

408-1ガチョウの親子浮かぶj
 以前、佑学社のペチューニアシリーズとして、出ていた中に、 「ペチューニアのクリスマス」はありました。長らく出版されていなかったのですが、今年、復刊ドットコムから、訳者が変わり、復刊されました。
 おばかさんと思われがちながちょうのペチューニアも、今回は、ひとめぼれで相思相愛になったチャールズのために、本気で知恵を働かせます。クリスマスのごちそうとなるべく、太らされていた彼を救うのです。

閑話休題。ガチョウが太らされるのは、そう!フォアグラ!

 最後はもちろん、めでたし、めでたし。二人は結婚し幸せかどうかは、最後のページに、たくさんの子どもたちと歩く二人の姿を見てもわかります。

*「がちょうのぺチューニア」(ロジャー・デュボアザン 松岡享子訳 冨山房(佑学社))
*「ペチューニアのクリスマス」(ロジャー・デュボアザン 伏見操訳 復刊ドットコム(乾侑美子訳 佑学社))

☆写真は、ハイイロガンの親子。これを家禽化したものがガチョウ。写真は、テムズ川上流。

PageTop