FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

「詩」という詩

361メイン光j
今日はちょっと遠くまで行って、みんなとお茶を飲みながら、きれいな詩画集を見ようと思います。

詩集一冊丸ごと好き、詩人丸ごと一人好き、と言う人もいるかもしれません。
 
私は、一冊の中で、
一つでも、「あっ」と思うものがあると、嬉しい。
「あぁ」と思うものがあるときも、嬉しい。
時がたって、何かの拍子に、「あ」と思いだすのも嬉しい。

ファージョンの「詩」という詩が、瀬田貞二の「幼い子の文学」(中公新書)の中で紹介されています。
≪詩って何?わかる?
バラではなくて、その香り。
空ではなくて、その光り。
虫ではなくて、その動き。
海ではなくて、その響き。
私ではなくて、この身に
見せて、聞かせて
感じさせてくれるもの。
普通の文章であらわせないもの。
そんなものだってこと、わかる?≫

☆写真は、米国 東海岸 メイン州海岸(撮影:&Co.T)

PageTop