FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ベルト・モリゾ

       355印象夕陽j
(2012倫敦巴里47)
(承前)
 ブローニュの森とラヌラグ公園の間にある元邸宅のパリ マルモッタン モネ 美術館は、モネの「印象 日の出」が展示されているので有名です。印象派という言葉の元になったのが、この「印象 日の出」です。あんなに大所帯の印象派集団をその両肩に背負うほどの大きさではなく、思いのほか、こじんまりとした絵で、いわば、普通のおうちの客間にぴったりの大きさの絵です。

 もちろん、モネの他の作品もたくさんあるのですが、同じ印象派の女流画家ベルト・モリゾの作品に眼を留めだすと、その光満ち溢れ、愛情満ち溢れる母親の視線に心惹かれてしまいました。大作と位置づけられないかもしれない、それらの母子像をみているだけで、穏やかな気持ちになれました。

 コロ―に師事していた、ベルト・モリゾが、ルーブルでルーベンスの摸写をしているとき、通りかかったのがモデルを探していたエドワール・マネ。で、モリゾは、「バルコン」「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」等のモデルをし、自らも絵筆を取り続けました。結局、マネの弟と結婚し、37歳でジュリーという女の子をもうけます。ところが、54歳で急逝。死を覚悟した二日目に書いた手紙が
「私の可愛いジュリー。私は死んでいく今もあなたを愛しています。死んだあとでもなお、あなたを愛することでしょう。どうぞお願いだから泣かないでおくれ。この別れは避けがたいものです。私はあなたが結婚するまで生きていたかった・・・いつもあなたがそうだったように、仕事をしていい子でいてください。あなたはこれまで私を悲しませたことは一度もありませんでした。あなたは美しく財産もあります。それを有効にお使いなさい。・・・・」*

 ベルト・モリゾがどうしても描き残したかった世界。子どもにとって早世だった母親は、描き急いだのかもしれません。(続く)

◎ 図書カード名画シリーズの3000円券に、ベルト・モリゾを見ることができます。マネ「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」です。ちなみに、偶然か、意図的なのか、1000円券は、モリゾの家系につながると言われるフラゴナールの「読書する娘」です。

*「マラルメの火曜会 ―世紀末パリの芸術家たち」の「ベルト・モリゾ」の章:柏倉康夫 丸善

☆写真は、スイス レマン湖 印象夕日

PageTop