FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

うれしい

342朝窓を開けるjj
抱き合ってしまいました。
久しぶりに学校に出て来たその子の髪の毛は黒かった。
実習先の指導に、切れてしまい、そのまま、10月から休学。
担任や学校が、本人と話し合うも保護者を呼ぶも効果なし。担任の電話には出ず・・・

 毎年、休学や退学の子はいます。資格を取りに来るのですから、社会人も母親も父親も大卒も居ます。その子は、高卒の18歳。綺麗な金髪に染めていました。専門学校の子の多くは、バイトをしていて、授業中は、ほとんど眠い。が、その子は、バイトをせず、早く寝ているらしく、少なくとも、私の授業は居眠りをしなかった稀有な人材でした。若くして母親になった友人の赤ちゃんの写真を、よく見せてくれました。赤ちゃんを育てる上で、大事なことは、「明日、これ、○○に言っとくわ。」虐待のことを話すと、「そんなこと、△△はしてないで、夜中にラーメン屋に連れていったりしてないし。」彼女は、熱心に授業に参加していました。赤ちゃん人形のおしめを替えるのも率先して実習しました。
 
 が、実習先で、提出物の書き方の不備を指摘され、「もう、やめてやる!」

 以前一度、この子と電車で帰りが一緒になりました。そのきれいな金髪を誉めると、「染めたら傷むから、トリートメントを欠かさずやっている」と、言いました。昔からその色だったのか?と聞くと、「中学から、やってる。化粧せえへんぶん、髪の毛にお金かけてるねん。」私が、そのきれいな髪をなでると、照れたような表情で、電車を降りて行きました。「先生、また、来週な!」

 が、10月から来なくなったのです。私は、週に一回、それもたった一コマの非常勤講師です。担任からの報告にも、絶句するだけで、アプローチのしようもありませんでした。
 クラスで、仲のよかった子に頼みました。「待ってるから、お出でって、メールして」

 次の週、やっぱりきませんでした。仲のよかった子に聞くと、「『絵本読んでくれる先生が、待ってる』ってメールしたけど、返事ないねん。」
 次の週も、「返事ないねん。」
 そして、その次も。

 ところが、10月の最後の週、いつものにこにこ顔で、教室に入ってきました。この授業だけ、参加してみたそう・・・
 「もう4回も休んだから、これ以上休んだら、単位落とすよ。来週から休まんようにね!」
 ほんま、休まんようにね・・・・・

☆写真は、英国 バーンズリーハウス 早朝、窓を開けました。

PageTop