FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

サロメ

326モロー階段j
(2012倫敦巴里33)
(承前)
 モローの幻想的な作品の中でもサロメを題材にしたいろんなバージョンの作品は、世界中に散らばっています。
「刺青のサロメ」がここにあるはず・・・あれ?ない。見落としたのか・・・帰国して調べたら、「ヘロデ王の前で踊るサロメ」を所蔵するアメリカ カリフォルニアのアーマンド・ハマー美術館特別展にお出かけ中でした。

 「サロメ」はオスカー・ワイルドの戯曲で有名です。岩波文庫「サロメ」は、オブリー・ビアズリーの挿絵で、絵の醸し出す耽美的な雰囲気と戯曲の内容がよくあっていて妖しい世界です。

 また、「サロメ」は、ギョーム・アポリネールの詩にもあります。
「サロメ」(堀口大學訳 以下引用は、詩の後半部)
≪・・・・・
皆のものよ 妾と一緒に五列樹の陰においで
美しい王の道化役よ お泣きでない
お前の鈴のついた笏を置いてこの首をとれ さうして踊れ
母よ ふれ給ふな 彼の前額はもう冷たいのです
王よ 薙刀兵の前に進め 後に進め
穴を掘ってその中へ彼を埋めませう
花を植ゑて輪になって踊りませう
妾が靴下どめをうしなふまで
王が煙草入れを失ふまで
王子が念珠を失ふまで
僧正が祈祷書を失ふまで≫

*「サロメ」(オスカー・ワイルド 福田 恒存訳 ビアズリー絵 岩波文庫)
*「月下の一群」(堀口大學訳 講談社文芸文庫)
*「アポリネール詩集」(堀口大學訳 新潮文庫)
(続く)
☆写真は、モロー美術館の階段(下写真撮影:&Co.H)
327モロー階段1j

PageTop