FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

The V&A  Cafe

             307VA (2)j
(2012倫敦巴里25)
(承前)
 V&Aのカフェは、世界で一番初めの美術館食堂のようです。だからか・・・美術鑑賞帰りというより、仕事帰りやご近所という感じで、みんな生活の一部みたいな顔で飲食しているのは…

 夜遅くまで開場している金曜は、正面入り口入ったところで(写真は、その天井)、ワインを片手に、みなさん歓談されているし、奥のセルフサービスのカフェもにぎわっています。ちょっと一杯、ちょっと一口。ぐっとたくさん。等、みなさんくつろいで、飲食しています。毎週の集合場所に決めているグループもいるようです。下の写真は、そのカフェの一つのThe Gamble Roomの天井。他に、モリスの壁紙で装飾され、バーン=ジョーンズの壁絵のThe Morris Green Room、ビクトリアンなタイルで囲まれたThe Poynter Room など、その部屋を手掛けた人の名を冠したカフェがあって、文化財と身近にお茶することができます。

 日本にも美術館カフェは多く、どこもお洒落です。ただ、日本の美術館は、近代的な建物が多いので、このV&Aのような感じはありません。が、しかし、ロンドンナショナルギャラリーもテートモダーンも、パリルーブルもオルセーも改装部分がカフェやレストランなので、やっぱり、このV&Aのカフェは、珍しいかも。と、言っても、ウィーン世紀末美術館も素敵だったしなぁ。うーん、もしかしたら、美術館カフェの続きも書けるかも?
                  308VA (6)j

PageTop