FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々

                263二階の窓j
(2012倫敦巴里⑥)
(承前)
 この本の中で、心に残るのが、シェイクスピア&カンパニー書店の住民の一人、元アル中で詩人のサイモンの話です。自分の詩には自信を持っていたものの、自分が正当に評価されるのは死後のことだと思い込んでいたサイモンでしたが、彼にアイルランドから文学の祭典で詩を披露するようにと、連絡が入るのです。

≪・・・・・「信じられない」サイモンは顔を輝かせた。「詩人の国じゃないか!アイルランドには一度も行ったことがないんだ。とても足を踏み入れる勇気がなかった。われわれイギリス人は辛抱強いアイルランドの人々にさんざんひどいことをしたからね。」≫
 上機嫌のあと、これほど晴れがましい席で朗読した経験のないサイモンに大きなプレッシャーが。ああ、アル中に逆戻りか・・・

 で、その日、フェスティバルのパンフレットを見て、他の3人の詩人は「みんな本を出している。有名な詩人だ。僕には何もない。」かと、思うと急に自信が湧きおこって「いや、僕には作品がある。」
 そして、朗読が始まります。深みのあるイギリス風のアクセントが言葉をもみほぐし、聴衆を引き込んでいき、最後の詩を読むと宣言すると、失望のざわめき。
 そして、シェイクスピア&カンパニー書店の前にある桜の木、出掛ける前に咲きかけていた桜の木のことを朗読します。 

≪かすかな樹の匂いを漂わせ
長い冬のあいだじゅう ぼくのドアの外で
田舎の娘がふたり 樹皮と褐色の着物をまとい
いまにも踊りだしそうに腕を掲げていた

あと一日で 一週間もしないで
娘たちは絢爛たる芸者になる
白とピンクの桜の花びらの扇をぱっと開く
ぼくがよそ見をしているすきに

まず三月の最後の風が吹く
するとぼくはふりむいて目をみはる
春の雪?
それとも彼女たちが
地面に扇を投げたのか≫

☆写真は、シェイクスピア&カンパニー書店の二階窓に描かれた絵と窓に映った桜の木。昨日の写真に、この窓も桜の木も、写っています。そして、これらの写真を写しているカ・リ・リ・ロのすぐ後ろにもう一本の桜が植わっていました。

蛇足:もし、ルイ・ヴィトンのハンドバッグに興味があるなら、本文最後から15ページあたりをお読みになるといいのではないかと思います。 

PageTop