FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

帰りました。

            256テディントン駅前j
(2012 倫敦巴里①)
 はい、主婦が、旅に出るというのは、恵まれています。家族に感謝しています。
 それにしても、事前の雑用の多いこと。帰ってからの雑用の多いこと。しかも、駐車場に置きっぱなしだった車に、隣の車が当たったようで、バンパーに擦り傷。うぇーん。免許取りたての息子さんには、あの車、大きすぎる・・・
 成田からキャンペーンで、500円で送ってもらったスーツケースも開けたし、洗濯もしたし、空っぽの冷蔵庫も充填したし、ぼちぼち書いてみようかな。

 秋の気配漂うパリとロンドンから帰国して、家族に「一番良かったのは?」と聞かれました。
 うーん、二都、合わせて15の美術館を見回って、パリではおいしいものを食べて、いずれ、書くことも多いものの、一番よかったのは、末っ子に会えたこと・・・・
 
 末っ子が、今度住むのは、学校に近い、落ち着いた住宅地。
 大家さんのおばちゃんもいい人そうだし、美術を専攻した娘さんの絵が、壁にかかって部屋が落ち着いていて、清潔な台所に、緑の多いバックヤード。
 大きな公園も近くにあるし、宮殿も庭園も近いし、テムズ川も近い。ロンドンまで30分。飛行場までもバスで一本。下宿代を気にしていない相変わらずの娘ながら、安全性を買いなさいと言った以上、仕方ないか・・・
 自転車は、ロンドンに住む友人から譲り受け、地下鉄と電車を乗り継いで、運び入れた模様。そう!ロンドンは(ヨーロッパは?)、自転車ごと乗れる車両が完備されていて、最後、改札出て、担ぎ上げないといけない駅があるものの、素人でも、自転車で、遠くまで行けるのです。

 おーい、寮生活を満喫し、ちっとも、英語の上達していなかった娘よ。
 今日からは、ネィティブと暮らし、ネィティブの授業ですから、ペッラペッラの英語力が身に付くことを期待しているぞ! 

☆写真は、英国ロンドンから電車で30分の駅前。テムズ川へのフットパスはこちらと右の表示が示しています。左へ行けば大きな公園へ。

PageTop