FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

長刀鉾

185長刀鉾j
 京都八坂神社のお祭り祇園祭は、疫病退散を祈願したのが始まりで、千年以上も続いています。このお祭りは、7月1日から1カ月、様々な儀式があり、14日~16日の宵々々山、宵々山、宵山、そして、ハイライトは17日の山鉾巡行となっています。その後、関西は、夏本番に向かいます。

 ずいぶん昔、学生の頃に、宵山や山鉾巡行見物に出掛けたことがあります。
 宵山は涼しく、お囃子も耳に嬉しく、が、祇園祭価格の食べものが多く、帰りの電車が混雑していました。
 山鉾巡行は、動く美術館のようでしたが、暑く、人が多く、やっぱり、電車が混雑していました。
 ・・・・と、混雑の印象が強く、今は、なかなかその日に出掛ける勇気がでまへん。

 ところが、先日、お稽古に行った床の間の掛軸が、「長刀鉾」になっていました。
 この鉾にだけ、生稚児(いきちご)とお付きの禿(かむろ)二人が乗り、他の鉾は人形。長刀で病気を払った伝えから、この「長刀鉾」は先頭です。選ばれし生稚児は厚化粧で、冠、振袖、裃の衣装を身につけ、太平の舞い(無病息災、天下泰平、五穀豊穣)をします。神の使いなので、祭りの期間中は伝統に乗っ取った制約も多く、―14日からは、食事も男系家族とのみ摂るとか、地上に足を降ろすのもご法度で、巡航の鉾に昇るときも、地上に足を降ろすことなく、強力と呼ばれる人の肩に担がれ、鉾に昇るとか―なかなか大変そう。とはいえ、京都に生まれた「ええしのぼんぼん」には、伝統を受け継いでもらわな、あきまへん。

PageTop