FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

空港

                       177チューリッヒ中央駅前j
 先日、娘を送りに、空港まで行きました。そのとき、混雑するチェックインカウンターのそばで、待っていたのですが、一人の若者が、持っていた紙袋を置いて、スーツケースだけを持ち、チェックインカウンターに並びに行きました。紙袋には、何か沢山入っているようで、確かにスーツケースと紙袋じゃ持ちにくそうでした。
 ところが、20分くらい、そこに置いたままでも、誰も目に留めません。ほとんど旅行前のテンションの高い人、それを見送る人たちで、ごった返していて、そんな紙袋、誰も目に持留めません。私は、初めから見ていましたけれど、そんなところにポツンと紙袋があるのは、変です。電車でも駅でも、「不審な荷物を見かけた方は、駅員か乗務員に連絡ください」と連呼しているではありませんか。それなのに、どう見ても、不審な紙袋が空港ロビーにある。

 10年以上も前、家族でパリのシャルルドゴール空港で帰りの便を待っていた時、ものものしい出で立ちの警察官たちが、一つのベンチを取り囲み、何か調査し、周りの人を遠ざけました。それで、バン!と、何か白い煙と、きな臭い匂いの残る方法で、そこにあった荷物を開けました。中には、女の人の持ちものが見えました。警官たちは、荷物をどこかに運んで行きました。しばらくしてから、持ち主と思われる女の人がやってきて、残っていた警官と話しこんでいました。おそらく、ただの荷物を、放置して、どこかに行っていたのです。
 そんなことを思い出しながら、紙袋を見守っていたら、娘のチェックインがやっと終わり、その若者は、まだ並んでいるのが見えました。

☆写真は、スイス チューリッヒ中央駅前。 左手の像はアルフレッド・エッシャー(1819- 1882)というスイスの産業企業家。

PageTop